ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

ロサンゼルスLAの生活基本情報

オンライン授業で英語を学べるか検証。語学学校1日体験【ロサンゼルス】

投稿日:2020年5月19日 更新日:

コロナウィルスの影響によりStay at home(外出禁止令)が発令しているロサンゼルス。

それにより現在語学学校、カレッジなど教育機関ではオンラインにて授業を行っています。

「オンライン授業って一体どんな感じ?」「英語はしっかり学べるの?」「通常授業と違いはある?」など気になる人もいるはず。

先日、語学学校のオンライン授業に参加してみたのですが、結論から言うとほぼ通常授業と変わらず学べます!

では実際にどんな授業内容だったのか、オンラインのメリット、デメリット、感想など報告しますね(^^)
語学学校の授業に限らず、英会話レッスンにも共通して言えることだと思うので、オンラインレッスンに興味のある方も参考にしてみてください。

オンライン授業の様子

ウエストウッドにある人気校Mentor(MLI)のオンライン授業を受けてみました。

MLIは治安の良いロケーションにありながら授業料がお得!費用を抑え安全なエリアで学びたい人におすすめですよ(*^^*)
MLI学校詳細

今回受講したのはHigh Intermediateクラス。中の上レベルですね。授業スケジュールはこんな感じ。

時間 内容
9:00-9:55 Listening/Speaking(リスニング、スピーキング)
10:05-11:00 Listening/Speaking(リスニング、スピーキング)
11:10-12:10 Grammar(文法)
12:20-1:15 Writing(ライティング)

授業の様子

時間になるとIDが認証され授業が始まります。まずは出席確認から。

こちらはリスニング、スピーキングのFrancesca先生。

名前を呼んだ後、各生徒に「今日の調子はどんな感じ?」みたいな簡単な会話をします。他の生徒が発言する際は画面にその生徒と講師の顔が映し出されますので、自分も会話に参加しているみたい(^^)

この日の参加人数は14名。うち日本人は2名。その他、韓国、中国人やブラジル、サウジアラビア、ヨーロッパの生徒と、国籍バランスの良いクラスでした!やはり上のレベルになると日本人は少なくなりますね。

どの授業もテキストブックを使いながら、グループワークも交えて進めていきます。
では実際の授業内容をみてみましょう。

リスニング、スピーキングの授業内容

まずはテキストを使いボキャブラリーを習いました。次にそのボキャブラリーが詰まったスピーチを聴きテキストの問いに答える。

通常授業のように講師が生徒を指名して答え合わせをしています。
解答を画面上に出してくれるので聞き取れなくても安心(^^)

グループワークではテキストにある問いに対して、3,4人のグループに分かれディスカッション。

こんな感じでグループ分けをしてくれ「参加」をクリックすると、グループの生徒と顔を見ながら話すことができます。

この日はボキャブラリー中心で、テキスト問題をしたりグループワークでディスカッションといった内容でした。

テキストの解答も画面確認できるので便利!

グラマーの授業内容

グラマーはSheena先生。興味のあったニュースをチェックして、みんなに発表するというのが宿題だったみたい。

まずは、1人ずつピックアップしたニュースの内容を3分程度話していきます。わからない単語があれば講師が教えてくれます。
さすがこのレベルになるとニュース内容をしっかり伝えられるし、それに対して他の生徒も意見を言えていました。3分ってけっこう長いのにすごい!

文法はテキストで学びました。

ここでも解答を画面表示させてくれたのでわかりやすい!

 

Sheena先生の授業はテキストの問題を複数人で解くグループワークがメイン。発言する機会が多かったのでスピ―キング力が鍛えられるかと(^^)/

発言して正解するとポイントがもらえ、ゲーム感覚で授業を受けらえるし飽きない工夫がされてていいですね!

オンライン授業に必要なもの

今回授業を受けた際に使ったものはコレです。

■Zoom(アプリ)
■携帯
■パソコン

Zoomというアプリを使用して授業が行われました。パソコンマイクの調子が悪かったので音声は携帯、テキストブックはパソコンを使いました。もちろんパソコンだけでもOKですし、持ち運びしたいなら携帯やタブレットでも問題ありません。

オンライン授業の手順

1.授業スケジュール、テキストブックをEmailにて確認
2.Zoomアプリを開く
3.授業開始時間になったらZoom IDを入力して参加

Emailを確認

授業スケジュール、Zoom ID、テキストがメールで送られてきます。

Zoomで授業に参加

パソコンの場合は「Meeting ID」に送られてきたIDを入力しJoinをクリック。

携帯の場合はIDを入力後「参加」をクリック。

オンライン授業のメリット、デメリット


私が感じたメリット、デメリットを2つずつお伝えします。

(+)場所を選ばない

wifi環境があればどこでも授業を受けられます。リビングのソファーでリラックスして授業を受けている生徒がいましたよ(*^^*)自宅で受けられるので、移動時間や準備など手間を省けるのはいいですね。

(+)授業がさくさく進む

通常授業では講師がホワイトボードに書いて説明するのが主流。でも実はけっこう時間がとられるんだと、オンライン授業を受けてみて気づきました。オンラインでは伝えたいことはを画面にタイピングしてくれ、書くより早い。そして読みやすい(笑)手書きだと読みづらい講師もいるんですよね。オンラインの方がさくさく授業が進んで、たくさん学べたように思います。

(-)集中力が切れやすい

自宅など居心地のいい場所で授業を受けると気が散ることも。とはいえ、これは自分次第で何とかなりますけどね(*^^*)

(-)授業が中断する

電波状況により講師や生徒の声が聞こえなかったり、フリーズすることが数回ありました。再接続されるまで待たないといけないのは残念です…。

オンライン授業を受けてみて感想

冒頭でも書きましたが、オンライン授業は通常授業と大差がないように感じました。発言する機会はありますし、質問だって普段と変わらずできます。受講している場所が皆それぞれ違うといったくらいですね。ヨーロッパやサウスアメリカの生徒のように質問、発言を積極的にすることが、オンラインで英語力を伸ばす鍵になるでしょう。(これは通常授業で同じですけどね)

オンライン英会話も同じで、集中する、継続する、積極的な会話を心がければ、どこにいても学べるかと思います。

オンラインレッスン用に特別料金を設けているところや、通常のお申込み者にはオンライン授業が無料になるキャンペーンをしている学校もありますので、ご興味のある方はお気軽にお知らせください(*^^*)

 

 

 

KoyamaReiko

ロサンゼルスの延べ留学経験は5年。語学学校の案内はもちろんですが、ホームステイや家探しなどは1ヶ月に10件以上ご提案しています。治安の良い滞在先についてお任せください!

-ロサンゼルスLAの生活基本情報

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2020 AllRights Reserved.