ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

家・アパート探しサポート


ロサンゼルスへ留学する学生さんが滞在する方法は大きく分けて5つあります。

  1. ホームステイ
  2. 学生寮
  3. ホテル
  4. アパート(自分で借りる)★
  5. ルームシェア

ここで紹介するのはこの中で4番目。自分でアパートを借りる方法です。
この方法、長期間アパートを契約するのは最も安い方法ですが、やり方を間違うと、高い契約をさせられてしまったり、出る時にトラブルになったりします。

ロサンゼルス留学情報館ではあなたの家探しをサポート。不都合な条件なくスムーズな滞在先探しをお手伝いしています。

ロサンゼルスで家探しをするときの注意点

ロサンゼルスで家探しをするときの注意点

残念ながらロサンゼルスの家探しで詐欺にあっている留学生を見かけます。平均すると、年に2,3回は私の周りの学生さんが騙されています。
途中解約規定やら、撤退時のルールなどなどハウスオーナーの言いなりになってしまうのです。

なんで相談してくれなかったんだろう?と思います。相談だけなら無料ですから(笑)

詐欺に合わないように、ロサンゼルスで家を探す時に気をつけておくべき点をあげました。

  • 絶対に実際の家を見てから決める
  • 英語の契約でも、内容はしっかりと確認する
  • ソーシャルセキュリティーナンバーが無くても大丈夫かを確認

 絶対に実際の家を見てから決める


実際に家を見ることで、詐欺の9割は防げます。

日本に居ながらにしてアパートやシェアハウスを探したいのですが・・・という質問を受けることもよくありますが、多くの場合は失敗に終わりますのでやめましょう。

実際に家を見る前に支払を要求してくる人がいるのですが、これはほぼ100%詐欺ですので、絶対に支払をしないようにしましょう。

また、詐欺でなかったとしても、実際に見てみたら想像していたところと違ったということが起こるので、必ず実際の家を見てから決めるようにしましょう。

ソーシャルセキュリティーナンバーが無くても大丈夫かを確認

せっかく好みの家が見つかったのに、ソーシャルセキュリティーナンバーがないと入居できないなんて・・・悲しすぎます。

実際の家を見る前に、留学生でも受け入れてくれるかどうかを確認しましょう。

シェアハウスの場合は大丈夫なことが多いですが、アパートはソーシャルセキュリティーナンバーが必要なことのほうが多いです。

英語の契約でも、内容はしっかりと確認する

英語の契約書をズラーと並べられると、もうどうでもいいやーってサインしてしまう人が多いのです。

それ、絶対ダメ!

実際に契約書を変えてもらうのは簡単ではないですが、それでも必ず目を通してください。
それが後々のトラブルを防ぎますし、そのスタンスがオーナーとの関係値になるのです!

失敗しない家探しサポート

失敗しない家探しサポート

家探しサポートでは詐欺にあったり変な契約をされたりしないように細心の注意をはらい、ご希望にピッタリのアパートを見つけるお手伝いをします。

契約に必要な用語やシステムを知らないと無駄に費用がかさむことになってしまいます・・・

特に契約書類は大切です。「退去の際は次に住む人を見つけること」など知らぬ間に不利な契約をさせられていることもあります。場合によっては何十ページもある契約書を読まなければなりません。

ロサンゼルスインフォの家探しサポートをご利用いただければ、そのような不安や面倒もなく、無駄な費用がかさむ心配はありません。

家探しサポートの内容と費用

家探しサポート(ルームシェア)は基本380ドルで受けたまわっております。
料金には同行費用も含まれますが、内見を1日でお渡せた場合の料金です。

※一人暮らし用アパート探しに費用は$680となります。

  • ご希望の条件を聞くカウンセリング
  • 内見の予約とり
  • 車で一緒に内見同行
  • 申込書や必要書類の準備サポート
  • 契約書の確認
  • 契約アドバイス(プランにより契約同行もあり)

無料相談はこちら

家探しサポート利用者の声

サービスを利用する前にどんなことに悩んでいましたか?

ルームシェアを探していたけど、内見のアポイントが全然取れない。メールの返信がない。

サービスを利用した感想をお聞かせください。

素敵なお部屋お見つけてくれて大満足!お友達も紹介した程、オススメのサービスでした。ありがとうございました!

無料相談はこちら

投稿日:2017年8月20日 更新日:

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2018 AllRights Reserved.