ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

おすすめ ホームステイ・家探し

ロサンゼルス留学、4つの滞在方法を徹底比較【探し方、メリット・費用など】

投稿日:2017年10月27日 更新日:

ロサンゼルス留学にあたり、どんなところに住むかは留学生活のスタイルを決める上で極めて重要です。

今回は、どのような滞在方法があるのか?どのような人向けなのか?について紹介しようと思います。

タイプ別に費用やメリット・デメリットもお伝えしますので、最後までご一読ください(^^)/

留学中の4つの滞在方法

ロサンゼルスの留学生の滞在先のパターンは4つ。

・ホームステイ
・学校の寮
・ルームシェア
・1人暮らし用アパート

この中から自分にあったタイプを探していきます。では次にこんな人におススメ、費用、メリット・デメリットをみていきましょう。

1.英語を話す機会を増やしたい、異文化交流がしたい:ホームステイ

ホームステイの醍醐味といえば、実際にアメリカ人ファミリーと一緒に生活をすることでしょう。

夕食を一緒に食べたり、お子さんのいるファミリーだとスピーキング力を上げる良い機会になります。またサンクスギビングやクリスマスなど家族の行事ごとに呼んでもらえることがあるので、アメリカの文化に触れることも期待できます。

基本的に朝夕食つきなので、食事の心配もなく勉強に集中できますね(^^)/

英語環境を増やしてスキルを上げたい、ご飯を作るのがちょっと億劫という方はホームステイ向き!

ホームステイのメリット・デメリット

【メリット】

・英語を話す機会が増える
・アメリカ文化に触れることができる
・基本は食事つきだから、ほぼ食費がかからない

【デメリット】

・家庭によってはハウスルール(規則)が大変(シャワーは5分以内など)
・帰りが遅くなる時や、食事が不要なときはホストに事前連絡が必要

ホームステイの費用

実際に見てみるのが早いですね。
サンタモニカやウエストウッドにある人気語学学校のホームステイ4週間の費用で比べてみます(2018年度)

EC ELS CEL ELC Kaplan MLI
費用 $1,300 $1,350 $1,400 $1,300 $1,220 $1,304

どの学校も大体がサンタモニカ、カルバーシティ―、ウエストロサンゼルスあたりの家庭。滞在エリアに大差はありません。

この辺りのエリアを比較すると4週間で1300ドルが相場。これには基本的に朝、夕食がついています。

Yosukeからの一言

ホームステイの場合はお部屋はプライベートで、バスルームは家族や他の生徒とシェアが主。

ちなみにホームステイは弊社ロサンゼルス留学情報館でも紹介しています。他の学校との違いは、どんなホストがいいとかリクエストを出せる、また数軒の候補から選べること。

人気のホストさんは早くに予約が埋まってしまうので、いいファミリーに出会う為にも最低でも2ヶ月以上前からお申込しておくのが良いですよ!
ホームステイの詳細はこちら

2.学生ノリのわいわいした雰囲気が好き:学生寮

生徒同士でワイワイ暮らしたいという人には寮がオススメですね。

一緒にお料理を作ったり食事をしたり、たまにはおでかけも…と、お友達ができやすい環境にあります。基本的には同じ学校の生徒さんが滞在しているので、お友達を作って楽しく過ごしたい人は寮向き。

食事や洗濯はなど全て自分でする必要がありますが、そんなことより学生生活を楽しみたい方にはもってこい!

学生寮のメリット・デメリット

【メリット】

・友だちとワイワイ楽しく生活ができる
・学生気分を思う存分味わえる
・食べるもの時間など気にせず自分の好きなように生活ができる
・基本は門限がない

【デメリット】

・食事、洗濯は自分でする
・複数人部屋の場合、プライベートな時間を持ちづらい
・文化の違いで合わないこともある(靴で室内を歩く、使い方が汚い、食器を洗わないなど)

学生寮の費用

こちらもホームステイ同様4週間の2人部屋の費用となり、だいたいが学校よりバスで30分から1時間以内で行ける場所になります。(2018年度)

EC ELS CEL ELC Kaplan MLI
費用 $1,420~ $1,160 $1,340 $1,700 $1,500~ $1,000

※EC、Kaplanの寮はいくつかありロケーションにより費用が変動しますが、記載しているのは一番お得なPriceとなります。

費用にかなり差があるので比べにくいですが、ひと部屋を2から4人でシェアするところが主なので、プライベート部屋で食事つきのホームステイと比べると殆どの場合が割高になります。

Yosukeからの一言

滞在している生徒がほぼ日本人のみという寮もあります!必ずしも日本人以外の生徒がいるとは限りませんのでご注意を!

また、夏の時期になるとパーティー好きのヨーロッパ人が多く滞在するので、静かに勉強をしたい人は寮はやめてておいたほうが賢明です(T_T)

3.ネイティブのお友達ができるチャンス!:ルームシェア

ルームシェアとは、誰かがすでに借りているアパートの1室を借りるパターンです。

アメリカではルームシェアは一般的で学生に限らず社会人でも利用しています。その為、寮と大きな違いはネイティブのお友達ができるチャンスがあるということ!

キッチンやリビングといった共有スペースはルームメイトとシェアになりますので、一緒にお料理を作ったり、リビングで映画を観たりとプライベートな時間も保ちつつ、適度に交流を持ちたい方向き!

ルームシェアのメリット・デメリット

【メリット】

・料金を一番安くおさえることができるかも(エリアや条件次第)
・プライベート感が保てる
・ネイティブのお友達ができるチャンスあり!

【デメリット】

・長期の人のみが対象
・個人間契約なのでトラブルも多い
・短期滞在者だと見つかりにくい

ルームシェアの費用

プライベートルーム、シェアバスの1か月の家賃相場
郊外:$800~1,000
都心:$1,200~1,500

と言った感じでしょうか。エリアや時期(タイミング)にもよるので、中にはこれよりお得に物件が見つかる可能性もあります。

Yosukeからの一言

ルームシェアは基本的にインターネットのサイトで個人的に探していきますので、日本のように不動産屋さんを使わず個人間契約となるのが主流です。個人間でのやりとりになるからこそ、ルームメイトとなる人には実際に会ってみてから決めましょう!

ですので、日本にいる時からルームシェアを決めるという事はほぼなく、シェアについては現地に来てから考えるといいですね。

また、ルームシェアは一番詐欺にあいやすいので不安な方は弊社におまかせください(^^)/

4.とにかくプライベートな時間を最優先したい:1人暮らし用アパート(短期含む)

やはり1人暮らしの魅力と言えば、完全に自分の時間を好きに気兼ねなく使えるということ!通常1人暮らし用のアパートは1年契約がほとんどですが、いわゆるAir bnbのような旅行者向けアパートだと短期滞在の方でも利用が可能。誰にも縛られることなく完全プライベートを求める方向き!

アパートのメリット・デメリット

【メリット】

・完全に自分のリズムで何でもできる
・長期契約をすれば安い場所も探せる
・バスルームもすべて1人で自由に使える

【デメリット】

・短期だと一般的に費用が高くつく
・自ら積極的に行動しないと英語を話す機会が少なくなる
・長期アパートだと家具を買え揃える必要がある

アパートの費用

1人暮らし用アパートはエリアによってもかなり差があります。安ければ$1,200くらいからでも1Bedルームを借りることはできますが、治安が悪かったり、清潔でなかったり何かしら妥協すべき点が出るかも…。安全なエリアだと$1,500~$2,000が相場ですね。

短期アパートは治安の良いエリアだと1日$100~$150くらいは見ておいた方が無難。
たとえば1日100ドルとすると4週間で2,800ドルとかなり高額になるのでお金に余裕がないと厳しいかも…。

Yosukeからの一言

やはり完全プライベートだけあって、その分費用は高くつきます。また長期アパートの場合管理会社との契約になることが多く、必要書類の提出や電気、ガス、インターネット開通手続きなどルームシェアに比べて手間がかかる!もちろんすべて英語でのやり取りになるのでちょっと大変かもしれません。

弊社ではアパート探しサポートも提供しておりますので、困ったことがあれば私たちにご相談下さい(^▽^)/
アパート探しサポートの詳細はこちら

まとめ

タイプ別、それぞれの費用などを比べてみましたがいかがでしたでしょうか?

留学生にとって一番勉強になるのはホームステイです。
やはりアメリカ人と生活を共にする訳ですから、必然と英語力の伸びますし文化も知れます。

ルームシェアやアパートはプライベート感があるので、その分ストレスが溜まることは少ないと思います。
いずれも一長一短な訳ですが、個人的には

1、ホームステイ
2、学生寮
3、ルームシェア・短期アパート

という順番で経験して欲しいと思います。

理由は簡単。人間は一度ストレスフリーな環境で生活をしちゃうと、いくら勉強になろうともストレスの溜まる道をあえて歩もうとは思いません。異世代・異文化の人と暮らすホームステイ生活は大変なもの。だからこそ初めてに経験して欲しいと願います。

弊社ではホームステイの紹介やルームシェア、アパート探しと住居のサポートも充実しております。ホームステイは自分で選びたい、アパートの探し方がわからない…などお困りのことがあればお気軽にご相談ください(^^)

【2018年9月18日更新】

Yosuke Aoyagi

ロサンゼルス滞在歴13年で、ロサンゼルス留学情報館の経営者。ほぼ毎週学校を周っています。 小学生の娘を20以上のサマーキャンプ、ウィンターキャンプに送っているので、お子さんにピッタリのキャンプ選びをお手伝いできます。 また娘は公立、私立、日本語補習校と3つの学校の経験もあるので、親の視点から見たベストの学校選びをお手伝いします。

-おすすめ, ホームステイ・家探し

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2018 AllRights Reserved.