ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

ダンス留学

ロサンゼルスにあるダンス留学にオススメの語学学校3選

投稿日:2017年12月27日 更新日:

ロサンゼルスでダンスを本格的に学びたいあなた!

英語を理解できればレッスンの内容も理解度が増し、充実度も上がるはず!せっかくロサンゼルスに来るのだから英語力も上げも一緒に上げませんか?

ロサンゼルスには60近い語学学校があると言われていますが、ここではダンサーの方にお勧めの語学学校を紹介します。

ダンス留学、語学学校を選ぶ注意点とポイント

同じ学費を支払うのであれば、学校選びは失敗したくないもの。

ですが、この選び方を間違えると残念な結果になりうるのでポイントをまとめると

①費用
②語学学校の立地
③授業の時間割(スケジュール)

ダンス留学の際は以上の3点に気をつけて学校選びをすると良いと思います。その理由を下記に解説しますね。

費用の安い学校は要注意

語学学校を選ぶにあたって多くのダンサーはとにかく「安い」学校を選びがち。

しかし、授業料が安いのには何らかの理由があるもの。授業時間が午後や夜、場所が不便、授業の質が良くなかったり…。

確かにダンス留学中は2つのスクール通う事になる為、出費もバカになりません。安い中から費用対効果の良い学校を選ぶのは賛成ですが、授業料が安いだけで学校選びをするのはやめておきましょう。

語学学校の立地がとても重要!

まず気をつけてもらいたいのは、ダンススタジオ × 語学学校 × 住まいとの移動時間。

午前中に学校で授業を受けて午後からダンスレッスンに行くというのが一般的なダンス留学生の1日です。

公共機関を使ってダンススタジオに行くことになりますので、できる限りバスや地下鉄の乗り場に近い学校、住まいが良いでしょう。

エリアで言うと、「デビー」や「ムーブメントライフスタイル」のあるノースハリウッドに地下鉄一本で行けるハリウッドがオススメ。また「エッジ」もハリウッドからバスですぐ行ける距離ですよ。

授業の時間割(スケジュール)も確認しておこう

せっかくスタジオの近くの学校を選んでも、時間割が悪くてダンスに参加できないなんて寂しいですよね。多くのスタジオのレッスンは夜のほうが盛り上がります。良い先生も夜のことがほとんどです。

インテンシブなど毎日午後も授業するコースや、夜間のコースはダンスの時間とかぶってしまうので適切とはいえません。学校の立地だけでなく、どのような時間割になっているか確認しましょう。

学校によっては月水金は午前中、火木は午後の授業なんということもありますので注意が必要です。

ダンス留学中に通うのに適している語学学校3選!

それでは、上記の3つの注意点を考慮してダンス留学に適した語学学校を紹介したいと思います。

メンターランゲージインスティテュート MLI

ダンス留学に適したエリア、ハリウッドにあるのがメンターです。
このエリアでは最も価格が安く、授業の質も良いとうことで費用対効果の高い学校。多くのダンス留学生がいるので、ダンサー同士で情報交換ができますよ。

また寮はNorth HollywoodやHollywoodにありますので、通いたいスタジオに合わせて寮も選択可能。

Mentor Language Institute (MLI メンター・ランゲージ・インスティテュート) 学校詳細はこちら

キングスエデュケーション KINGS Education

上記のメンターと同じくハリウッドにあるのがキングスです。メンターと比べると費用は高いですが、よりアカデミック。キングスは大学へ進学することを目標にしている学生さんも多く、勉強も思いっきりやりたい方に向いています。25歳以上の生徒さんを対象にしたコースもあるので、同年代のお友達が欲しい方にはいいですね。また映画製作といったユニークなコースがあるのも特徴的。

学校と同じ敷地内の寮もあるので、そこを選べば移動がかなり楽ちん(^^)/

キングス KINGSの学校詳細はこちら

エルエーエスシー LASC

とにかく費用を抑えたい、でも質はそこまで下げたくない!という方、LASCがオススメです。ダンス留学に適した語学学校の中で一番授業料金が安い学校となります。平均日本人率が10%なので国籍比率を気にするならアリですね。ただ治安があまりよくないコリアタウンにあるのでそこが妥協できるなら…といったところ。

LASCの学校詳細はこちら

番外編:ロサンゼルスにあるダンススクール一覧とその特徴

学校紹介からそれますが、せっかくなので人気ダンススクールの紹介もしちゃいます。案内するのは私、東京オフィスの彦坂です!私もダンス留学の経験があり、全部スクールをまわってきたので、いろいろと生の声をお届け出来ると思います。

ミレニアム Millenium

場所:スタジオシティー
11528 Ventura Blvd, Studio City, CA 91604

日本でもワークショップがあるミレニアム。日本人への知名度は一番ですね。

アメリカでも最大級の規模で、9つのスタジオ
がある大きなダンススクールです。
ヒップホップだけでなくバレエやジャズなど幅広いダンススタイルから選べます。

ロサンゼルスにあるダンススタジオの中ではレッスン費用が一番高め!
2016年8月に引っ越しをしたばかりなので、新しくきれいなスタジオで踊れますよ。

ミレニアム Milleniumの体験記事はこちら

デビー Debbie Reynolds Dance Studio

場所:ノースハリウッド
6514 Lankershim Blvd, North Hollywood, CA 91606

ロサンゼルスのヒップホップといえばデビーと言うくらい、ヒップホップダンサーには人気の高いスクールです。
フェリックスやオマリと言った有名講師がいる事、費用が他のスタジオと比べると安めというのが人気の理由でもあります。

また、小さなことかもしれませんがこのダンススクールには更衣室があります(^▽^)/

え??と言う感じですが、ロサンゼルスのダンススタジオは更衣室があるのが当たり前ではないんです。
ここロサンゼルスではダンスをする格好のまま来て、そのまま帰るのが主流。日本のように更衣室で着替えるのは当たり前ではないのです。

デビー Debbie Reynolds Dance Studio の体験記事はこちら

ムーブメントライフスタイル Movement Lifestyle

立地:ノースハリウッド
11105 Weddington St, North Hollywood, CA 91601

最近人気急上昇のムーブメントライフスタイル。ここもヒップホップが有名です。ロサンゼルスでは一番新しいスタジオで、他のスタジオでは学べない新しいダンススタイルに挑戦できることが特徴です。

スタジオ自体は小さく、部屋は2つしか無いので取りたいレッスンがあったら早めに行くことをおすすめします。

エッジ Edge

場所:ハリウッド
6300 Romaine St, Suite 100, Los Angeles, CA 90038

ロサンゼルスのダンススタジオで一番ジャズに力を入れているのがエッジです。ジャズ・ファンク、コンテンポラリー・ジャズ、ラテン・ジャズなどなんでもござれ!

在籍している先生の数も多く、70歳のおじいちゃんも通っており、幅広いダンサーから支持があります。
立地で言えば一番都会にあるのがこのスタジオです。

エッジ Edgeの体験記事はこちら

 

ダンサー経験者のコメント

ダンスだけを学びに来た場合、3ヶ月以内に帰国しなければいけません。逆に言うと、3ヶ月以上ダンスレッスンを受けたいのであればビザの取得が必要と言うことです。

多くのダンサーは語学学校へ通いながらダンススタジオに通っているので、学生ビザを取得するということになります。つまり語学学校へ通うことが必須になるわけですね。

カレッジや専門学校、大学に通うことも可能ですが、それらの学校は宿題やグループワークなどがあり勉強だけで手一杯。ダンスをメインにしたい人は、ある程度スケジュール的にも融通の利く語学学校へ通っている人が多い状況です。

 

まとめ

ロサンゼルス留学情報館では、ロサンゼルスへのダンサーを日本とロサンゼルスでトータルサポートしています。

最近ではダンサーの方がビザを却下されるケースが増えてきていますので、出来ることならば留学エージェントを使うことをお勧めします。

弊社ではビザの専門知識やノウハウをもったスタッフが対応しますよ!

またロサンゼルス現地ではダンススタジオ見学を一緒に行うサポートも提供しているので、どこのスタジオに通うおうか直接目で見て事前にリサーチもできます。

ダンス留学サポートの詳細はこちら

その他何かご不明な点があれば下記よりお気軽にご相談ください(^^)/

【2018年9月24日更新】

HikosakaChika

私はアメリカで大学に行きながらダンス留学をしていました。 人生に感動体験を!少しでも海外に行ってみたい!という人へ、人生に一度は、ぜひ海外での生活を体験していただきたいです。たとえ失うものがあったとしても、得るものは無限大です!。

-ダンス留学
-

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2018 AllRights Reserved.