英語教師宅に滞在!英会話力が超伸びる!ロサンゼルスのホームステイ

unnamed (3)

ロサンゼルスで語学学校に通ってるけどなかなか英語を話す機会がない。どうしても日本語で話してしまう・・・と悩んでいる方にいいのがこのマーシャMarciaさん宅のホームステイです。自分の意志がかなり固くないと、ついつい日本語で話してしまうんですよね。

実のところロサンゼルスのホストファミリーは、ビジネスとして生徒の受け入れをしているお宅もあります。今回紹介するマーシャさんは他のホストとは少し違い、自分から好んでホストになることを決め、受け入れをとても楽しんでやっているのです。

マーシャさん宅のここがオススメ

  • 外国人向け英語教師歴27年のマーシャさんから宿題やエッセイのサポートをしてもらえる
  • 夕食時は携帯の電源を切るから、しっかり会話ができる
  • 裸足で歩けるほど家が綺麗
  • アメリカの家族行事が体験できる

ホスト名:マーシャ・ハーゾグ
家族構成:ホストマザー
職業:主婦
家について:一軒家、3LDK、バドミントンのコートあり
場所:ロサンゼルス・カルバーシティー
学校までの距離:イーエルシーELC(35分)、サンタモニカ・カレッジSMC(45分)、イーシーEC(60分)

外国人向け英語教師歴27年のマーシャさんから宿題やエッセイを手伝ってもらえる

実はマーシャさんは27年間、外国人を対象にした講師として英語を教えていた経験があります。サン・フェルナンドという、ロサンゼルスから1時間程度の場所にある中学校です。外国人が少なくなってきたので中学校で外国人向けの英語を教える機会がなくなり、その後はロサンゼルスにあるキングスで教師としてリタイアする前5年間働いていました。

講師という仕事が大好きだったマーシャさんは2010年にリタイアした後、この経験を活かして何かできないか?と思ったときにホストファミリーなろうと決められたそう。

ホームステイを希望する生徒さんは、英語にまだまだ慣れていない生徒さんがほとんどです。外国人向けの英語講師をしていたマーシャさんは、そんな生徒さんの扱いにも慣れていますし、授業でわからなかったことを丁寧に教えてくれますよ。

また宿題のお手伝いだって喜んでやってくれます。多くの生徒さんが苦手とするエッセイ(作文)も色々とアドバイスしてくれます。生徒さんの成長を見るのがとても好きなので、こういったことも快くやってくれます。正直ここまでやってくれるホストさんはなかなかいないですね。

食時は携帯の電源を切るから、しっかり会話ができる

マーシャさん宅には他のホームステイである、シャワー時間のルール(10分以内にシャワーを使うなど)は特になく、その変わり他の家庭にはない面白いルールがあります。

【夕食時は携帯の電源をオフにする、もしくは携帯を見ない】

え??って思うかもしれませんが、コミュニケーションを大切にするマーシャさんは、夕食時は例えば今日の出来事など会話をする時間を作りましょうという意味で始められたのだそう。

どこのホームステイでも、最近は皆さんスマホ片手にフェイスブックやラインをやって、せっかく一緒に食事をしているのに会話をしないということが多いのだそうです。

家のルールとはいえ絶対!ってわけではありませんが、それだけ話す機会を作ってくれようとしているのです。もちろんこれは生徒さんの為でもありますし、マーシャさんも楽しんでやっています。とにかく英語力を伸ばしてあげることがマーシャさんの喜びなのだそう。
unnamed

裸足で歩けるほど家が綺麗

マーシャさんのお宅を訪問しての第一印象は、とてもお部屋が片付いていて綺麗ということ。ロサンゼルスではお部屋の中でも靴を脱がないという習慣がありますが、日本人にとってはなかなか慣れないこと…。

ですがマーシャさんはお家用のスリッパを履いているので床もとても綺麗なのです!裸足で歩いても全く気になりません。ちなみに自分専用の洗面所があるというのも女性にはありがたいですよね。
unnamed (1)

アメリカの家族行事が体験できる

クリスマスシーズンにお邪魔したので、部屋中がクリスマスのデコレーションでいっぱいになっていました。どれも本当かわいくて思わず写真をたくさん撮りましたが、この飾りつけマーシャさん1人でやって夜中の2時までかかったのだそうです。

シカゴ生まれ、ロサンゼルス育ちのマーシャさん宅ではサンクスギビングやクリスマスといった行事ごとは大切にしていて、その日にはお子さんが集まってお祝いをします。

ホストの中には外国から移住してきた方も多く、クリスマスやサンクスギビングを祝わなかったり、ホストが実家に帰ってしまって一緒にお祝いできなかったりということがあるのですが、マーシャさん宅では毎年必ずやっているので、アメリカ行事を必ず体験できる数少ないホストです。

unnamed (4)

毎年さん宅の自宅紹介

それでは、マーシャさん宅の様子を写真で紹介します。

リビング

unnamed (5)

英語を教えてもらう時は、ここを使うことが多いようです。

キッチン

unnamed (6)

学生さんの部屋

wJ2twSGRK2rtIpa1484172675_1484172710
この部屋も本当に清潔で整っています。

洗面所

A8mRozvZ7KJ6rOm1484172776_1484172782
女性に嬉しい、1人で使える洗面所です。

まとめ

学校外でも勉強をしたい、英語漬けの毎日を過ごしたいという方にうってつけのマーシャさん宅です。家がとても清潔で個人で洗面所を使えるというのも、女性には嬉しい特典です。アメリカの行事も家族ぐるみでできるので、寂しい思いをせず体験もできるのでオススメのホストファミリーです。

このホストで滞在されたい、ご相談があるという方はこちらからどうぞ。
http://www.los-info.com/contact


語学学校・ビザに関するご相談

日本人が少ない学校に行きたい、会話中心の学校に行きたい、ビザが却下されないためにはどうすればいいんだろう。そんな不安をお持ちな方がたくさんいます。

ブログではお伝えしきれない語学学校の裏情報やさらに詳しいビザ情報を知りたい方はこちらからご相談ください。ロサンゼルス留学情報館のスタッフが対応させていただきます。

「ロサンゼルスLAの基本情報」カテゴリの人気記事はこちら

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校ランキング

高校1年生になって、ロサンゼルスへLA留学したい。でも初めての海外で危険な目に合うかもしれないから怖い。親御さんであれば、娘さんや息子さんを留学させたいけど、危ない目に合わないか心配、そんな意見をよく聞きます。

ロサンゼルスに住んで12年、ロサンゼルスのLA留学をサポートして6年になる私が、一般的にロサンゼルスと言われている範囲内で、治安が良い地域をランキングにしました。治安が良い地域に属する語学学校も一緒に載せてあります。

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校 オススメ比較ランキング

管理人 青柳陽輔について

当ブログは、ロサンゼルスに会社を置く、ロサンゼルスインフォという会社の社長である青柳陽輔が書いております。

ロサンゼルスインフォ 代表取締役社長CEO 青柳陽輔(アオヤギ ヨウスケ)
1980年7月21日生まれ

7歳上の韓国系アメリカ人の妻と、2007年に産まれた娘の3人暮らしです。2005年にロサンゼルスに移住後、気づいたら10年以上になりました。

1999年4月 東京農業大学の国際食料情報学部に入学
2000年3月 ブルキナファソにて1ヶ月間のボランティア活動
2002年 大学を休学してザンビアにて1年間のボランティア活動
2004年6月 ロサンゼルスへ観光ビザで出入りしながらオーガニックファームで働く
2006年10月 ロサンゼルスにてカフェテリアの経営開始
2011年10月 ロサンゼルスインフォの代表取締役社長に就任

細かいプロフィールはこちら→http://www.los-info.com/profile03

転校、その他のお問い合わせ・ご相談

ロサンゼルスへでの転校を始め、現地の情報やブログに関してなにかございましたら、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

ピックアップ記事

  1. dKVtcbrC1praZsw1499895868_1499896058
  2. 2016-07-13_105234a
  3. mYSI5OYrQuD7P7m1486659371_1486659502
  4. 11IMG_2443
  5. hm-2015-10-05-005

管理人 青柳陽輔

ロサンゼルスインフォ
代表取締役社長 青柳陽輔
1980年7月21日生まれ

学生時代はブルキナファソ、ザンビアとボランティア活動に夢中でした。
2005年に結婚を機にロサンゼルスへ移住し、カフェの経営経験をもとに、現在は留学を通して、日本人のサポートをしています。

詳細プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る