トランプさんは治安を悪くしていない!就任後のロサンゼルス治安状況

gbtBH8hoDfKrJa81480020564_1480020718

ここ最近、トランプ氏がアメリカの大統領になったことで、ロサンゼルスへの留学は大丈夫なのでしょうか?と聞かれることが多くなりました。

何が大丈夫なのかとご心配されるのは、これには大きく別けて2つあり「治安は大丈夫なのか」ということと「ビザは取れるのか」ということです。

結論

  • トランプ氏が大統領になったからと言って、治安は大きく悪化はしていない
  • ビザが取得しづらくなるわけではない

トランプ氏が大統領になったからと言って、治安は大きく悪化はしていない

トランプ氏が大統領になったあと、日本では大々的にトランプ氏へのデモが放送されたようですが、実際にこちらに住んでいるとそこまでデモを現場で見るというわけではありません。

ロサンゼルスに12年以上滞在していますが、今までとほとんど変わらず、特に急激に治安が悪くなったという感じはしません。実際に犯罪がどのように推移していったのかを見ていきたいと思います。

ロサンゼルスでの犯罪数

期間 犯罪数
10/15-21 82
10/22-28 89
10/29-11/4 85
11/5-11 111
11/12-18 78
11/19-21 17

これを見ると、大統領選前までは80台と比較的安定していますが、選挙のあった週は111に一気に伸びています。ただ、その後はまた下がり、11/19の週は3日間で17となっており、10月のものと比べてかなり少ないです。

10-29-4 85
このグラフは大統領選の前週10/29から11/4の犯罪数で85件でした。

この数字を見ると、ロサンゼルスにおいてはトランプ氏が大統領になった直後一瞬だけ犯罪が増えましたが、だからと言って治安が悪くなったとは言い難いと思います。

なお、犯罪数は大統領選とは関係ないであろう窃盗や性犯罪などを抜いた、暴行数を出しております。ロサンゼルス市警察が正式に使っている犯罪地図です。

2016y11m23d_120738090
ロサンゼルスでデモが起きたダウンタウンなどを含めた地域が今回数えた対象です。

<参照>
http://www.crimemapping.com/map/ca/losangeles#

ビザが取得しづらくなるわけではない

先日、トランプ氏が大統領になり、ここ2週間トランプ氏のツイッターを確認してきましたが、「日本人がアメリカ留学をするにあたり、ビザが取得しづらくなるわけではない」と私なりに結論を出しました。

トランプ氏が大統領になった影響は? お金のある留学生はビザが下りやすい。

mbz_sksIJ9Cye0K1479072079_1479072248

今回もその主張は変わっていません。なぜその主張が変わらないのか、更に詳しくトランプ氏のツイッターを見てみたいと思います。
2016y11m23d_092924672
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/633695559900073984
日本語訳
外国人が私達の国にある優秀な大学に通い、アメリカへ滞在したいのであれば、国外追放をされるべきではない。

2016y11m17d_015156062
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/633695409408491520
日本語訳
この国へ才能ある人に来てもらいたい。一生懸命働いて、国民になるために。シリコンバレーでは技術者が必要なのだ。

この2つを見る限り、どんな人種であれアメリカに才能のある人が来てもらいたいと、留学生には前向きです。それはそうです、合法で留学している人はお金を落としてくれるし、アメリカで働かないからです。

正確に言うと、留学生は学校内で週に20時間以内であれば働けますが、そこで働くからと言ってアメリカ人の就業が脅かされるわけではありません。

留学生はお金を落としてくれる、仕事はしない、才能がある人はゆくゆく国民になってアメリカに尽くしてもらえるという、アメリカにとってはなんとも嬉しいことばかりなのです。

トランプ氏が言っていることは明確で、不法滞在者に対しては厳しい対応をするべきでは、と言っているのです。
2016y11m17d_014304354
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/654122760860495872
日本語訳
不法移民はオバマケアー(保険)や無料でカレッジに行けるのに、私達の退役軍人に対して何も言及をしていないのはどういうことだ

不法でアメリカに住み着き、税金でも賄われる保険やカレッジの授業料の恩恵を受け、且つ不法で働いているのでアメリカ国民の職業を奪っている、そんな不法移民のことを鋭く切っているのです。

不法移民には厳しいですが、合法でお金を落としてくれる留学生には今まで通り前向きに受け入れるということです。

経済的によりいっそう潤うことを目標としているトランプ氏の政権では学校の授業料が上がることも想定されます。急に授業料が高くなる前に早めにロサンゼルス留学を検討されるのがいいかもしれません。

まとめ

トランプ氏が大統領になり大きな衝撃はありますが、留学という視点から見ると、安全面も悪化しているわけでも無いですし、ビザは今まで通り出してくれるでしょう。

テレビの影響で不安になっいる方も多いと思いますが、逆にこんな国が変わって行くときにロサンゼルスにいられるというのは大きなチャンスだと思います。


語学学校・ビザに関するご相談

日本人が少ない学校に行きたい、会話中心の学校に行きたい、ビザが却下されないためにはどうすればいいんだろう。そんな不安をお持ちな方がたくさんいます。

ブログではお伝えしきれない語学学校の裏情報やさらに詳しいビザ情報を知りたい方はこちらからご相談ください。ロサンゼルス留学情報館のスタッフが対応させていただきます。

「ロサンゼルスLAの基本情報」カテゴリの人気記事はこちら

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校ランキング

高校1年生になって、ロサンゼルスへLA留学したい。でも初めての海外で危険な目に合うかもしれないから怖い。親御さんであれば、娘さんや息子さんを留学させたいけど、危ない目に合わないか心配、そんな意見をよく聞きます。

ロサンゼルスに住んで12年、ロサンゼルスのLA留学をサポートして6年になる私が、一般的にロサンゼルスと言われている範囲内で、治安が良い地域をランキングにしました。治安が良い地域に属する語学学校も一緒に載せてあります。

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校 オススメ比較ランキング

管理人 青柳陽輔について

当ブログは、ロサンゼルスに会社を置く、ロサンゼルスインフォという会社の社長である青柳陽輔が書いております。

ロサンゼルスインフォ 代表取締役社長CEO 青柳陽輔(アオヤギ ヨウスケ)
1980年7月21日生まれ

7歳上の韓国系アメリカ人の妻と、2007年に産まれた娘の3人暮らしです。2005年にロサンゼルスに移住後、気づいたら10年以上になりました。

1999年4月 東京農業大学の国際食料情報学部に入学
2000年3月 ブルキナファソにて1ヶ月間のボランティア活動
2002年 大学を休学してザンビアにて1年間のボランティア活動
2004年6月 ロサンゼルスへ観光ビザで出入りしながらオーガニックファームで働く
2006年10月 ロサンゼルスにてカフェテリアの経営開始
2011年10月 ロサンゼルスインフォの代表取締役社長に就任

細かいプロフィールはこちら→http://www.los-info.com/profile03

転校、その他のお問い合わせ・ご相談

ロサンゼルスへでの転校を始め、現地の情報やブログに関してなにかございましたら、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

ピックアップ記事

  1. dKVtcbrC1praZsw1499895868_1499896058
  2. 2016-07-13_105234a
  3. mYSI5OYrQuD7P7m1486659371_1486659502
  4. 11IMG_2443
  5. hm-2015-10-05-005

管理人 青柳陽輔

ロサンゼルスインフォ
代表取締役社長 青柳陽輔
1980年7月21日生まれ

学生時代はブルキナファソ、ザンビアとボランティア活動に夢中でした。
2005年に結婚を機にロサンゼルスへ移住し、カフェの経営経験をもとに、現在は留学を通して、日本人のサポートをしています。

詳細プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る