ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

留学相談
お問合せ
カウンセ
リング 

カレッジ・大学留学

コミュニティーカレッジの留学費用、実際いくらかかるの?節約方法はどうするの?

投稿日:

アメリカでの進学をご希望のお客様で、四年制大学にかかる費用をおさえるために最初の二年間分をコミュニティーカレッジに通い、その後、四年制大学の三年度から編入する、という選択肢を検討される方も多くなってきました。

実際のところ、どのくらいコストをおさえられるのか、さらに費用を節約するにはどうすればいいのか?お答えしていきます。

四年制大学との授業料の違い

アメリカの四年制大学と一口にいっても、その広大な国土の中には約3,000校近くもの大学があります。

今回はカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)と、同じくカリフォルニア州にあるサンタモニカカレッジ(SMC)を比較します。どちらも米国内、そして留学生からも毎年出願者が殺到する人気校です。

・カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)の1年間の授業料目安:$42,993(約451万円)

・サンタモニカカレッジ(SMC)の1年間の授業料目安:$9,000(約95万円)

なんと1年間だけで比べてみても、その差、約5分の1!!!!

プラス生活費なので、日本の私立大学の授業料平均に比べると決して安い金額ではありませんが、単純計算しても2年間分で合計$67,986(約714万円)ほど節約ができます

ただ、上記は1年間で取得必要な最低単位数を履修した場合の授業料のお見積り。最低単位数のみ履修するペースで進めると、2年、または4年での卒業は難しくなってきます。

卒業に必要な単位数を取得する場合、さらに費用が増えます。(年間最低単位数×年数≠卒業必要単位数)

カレッジ生活における節約方法

授業料は必ずかかるものなので、どこで節約するか。それはズバリ、家賃、教科書、食費です。

交際費もついついかさみがちですが、そこはあまりケチらずにいきましょう。帰国間際の留学生の皆様が口をそろえて言うのが、留学中たくさんの素敵な「出会い」があったということ。

今まで生まれ育った場所を飛び出し挑戦しているフィールドで出会う仲間とは、国籍に関わらず特別な絆ができます。楽しいことも辛いことも、時には衝突も乗り越え、一回りも二回りも成長します。

アメリカの大自然を見にいったり、たまには息抜きもしながら頑張りましょう。

家賃の抑え方

ロサンゼルス近辺で、一人でアパートを借りようものなら、月に約20~30万円くらいは覚悟しておいた方が良いです。

シェアハウスにする場合、月10万円~15万円。知り合いのツテがあったり、なんらかの条件付きであれば、月8~9万円の物件を見つける人もいます。

相場金額よりも安い物件を見つけた場合は、さらに用心深く内見し、周りの治安なども確認することが大切です。

>>ルームシェア・アパート探しサポート

費用の面も考慮し、あえてホームステイを選択する方もいらっしゃいます。

月約12万円+食費、と考えると、例えば弊社で紹介しているホームステイとほとんど変わりません。さらに光熱費なども考えると、ホームステイの方が安い、なんてケースもあります。

ただ、多くの人にとっては一生に一度しかないカレッジ生活、自分の力で自活力を高めたい、という気持ちもわかります。

一人暮らしやシェアハウスに挑戦してみるのも良し、アメリカの家族を持つという意味でもホームステイをするも良し、いろいろ試してみるのがおすすめです!

教科書はどこで買う?

すべて新品でそろえようと思うとなかなか金額もはりますが、教科書は中古本を買うという選択肢もあります!

友達や先輩ができてくると、そのつながりで安く譲ってもらえることも:)

自炊は必須?

友達付き合いも大切、とお伝えしましたが、毎日外食をしてしまうと本当に出費がすごいので、自炊もきちんとするようにしましょう(笑)

チップ制度もあるので、外食をするとランチでも$15(1500円)くらいいくことがほとんどです。

留学中のアルバイト

留学中、アルバイトはできますか?というご質問もよく頂戴します:)

結論からいうと可能です!ただ、学生ビザで渡航する以上、どこででも働けるわけではありません。学内のカフェや図書館、チューター、先生の補助などであれば合法で、一定の時間以下であればバイトできます。

競争率はかなり高いことが多いので、心してかかってください。

奨学金はもらえる?

コミュニティーカレッジの場合、出発前の留学生向けに奨学金プログラムを用意している学校はほとんどありません。

高額ではないですが、入学後に成績優秀者が申請できる奨学金制度などはあるので、申請してみるのもおすすめです!

上記を踏まえると、日本の政府や団体からでている奨学金制度を利用する方が、現実的です。

まとめ

海外進学というと桁違いの費用が発生するイメージがありますが、少しでも節約する方法はあります。今回の記事が一歩を踏み出すきっかけの一つになれれば嬉しいです。

ご希望のコミュニティーカレッジの具体的なお見積りや、入学方法についてなど、お気軽にお問合せ下さい。経験豊富なスタッフが詳しくご案内いたします!

【2021年1月19日更新】

アバター

高校、大学在学中にロサンゼルスでの留学を経験。 西部劇好きの祖父の影響で幼少期よりカリフォルニアの虜になり、大学卒業後はロサンゼルスにて就職しました。 一人の留学生としてスタートした私の経験が、一歩を踏み出す皆様のお役に立てれば幸いです!!

-カレッジ・大学留学
-, ,

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2021 AllRights Reserved.