ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

留学体験談 語学学校探し

ロサンゼルスのColumbia West Collegeインターンシップ生の一日に密着!【取材記事】

投稿日:2019年3月20日 更新日:


アメリカ ロサンゼルスでインターンシップ生として働いているHirokiさんとMinamiさんに密着!!
インターン生がどんな一日を過ごしているのか徹底取材したいと思います!

インターンシップ制度について


アメリカで働いてみたい、スキルアップになる留学を実現したい・・

そんな方は必見!Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)と弊社だけの特別プログラムがあります。
語学学校のスタッフとして、運営や企画、映像クリエーター、プログラマーのポジションを募集しています。

詳細はこちらをご覧ください★
海外インターンシップならロサンゼルスのCWCがおすすめ。その訳は?

今回は第一期生となる2人に、インターンってどんな感じなのか聞いてみました(^^)

インターン生のプロフィール・経歴


Hirokiさん
創価大学の3年時に大学を休学して語学留学。
UCLA(カリフォルニア大学)のエクステンションプログラムにも通いビジネスを習得。
実際にアメリカで働いてみたい!困っている留学生が周りに多いので、生徒の役に立つ仕事をしたい!とインターンシップに応募。
マーケティングに携わりたいとマーケティング企画職を希望し、現在6か月間インターンとして働いており、最近は学長と一緒に斬新な企画を打ち出し大活躍中です!


Minamiさん
青山学院大学経営学部卒業。
東京のPR会社で5年間勤務したのち、アメリカフロリダ州マイアミで2年過ごし、ロサンゼルスへ移るタイミングでインターンシップを知って応募!
前職ではインスタグラマーやユーチューバー、有名起業とのタイアップ企画を提案から制作まで携わっていたとのことで、Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)では現在インターン4か月目でSNSを中心にマーケティング戦略のリーダーを任される存在です!

一日のスケジュール


8時45分、出勤!
Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)はビルの17階。とてもきれいな景色が自慢です。


特別プログラムの内容は・・
午前中:勉強
午後:インターン
となっています。
ではどんな一日を過ごしているのか密着取材スタート!


9時 授業開始!
2人は「English through American Culture」というクラスを受けています。
こちらはある一定のレベル以上をクリアしないと入れないクラスのため特に少人数。


今日はなんとテストの日でした。
「ビッグデータと消費者行動」いうテーマで一人ずつプレゼンテーションをしていき評価をうけます。これは語学学校?というくらいハイレベルです!


休み時間はクラスメイトや先生と楽しくおしゃべり♪


この授業はビデオを制作したりプレゼン資料の作り方も学べるところが他の学校にはないところでオススメだそうです!


1:30 ランチタイム
いつもクラスの先生たちと一緒にお昼ごはんを食べます♪


2:30~仕事を開始
Hirokiさんは、マーケティング担当のほかにフロント業務もこなせるようになりました。
フロントスタッフのヘレンさんはHirokiさんに安心して任せてランチへ!その間Hirokiさん一人で切り盛りし電話対応も完璧!


Minamiさんは主にソーシャルメディアでのマーケティングを担当!
傾向分析をして今新しい企画を発表するため、学長と密にミーティングを重ねたりスペインのデザインチームと一緒にプロモーション企画中!


6:00 業務終了!
アフター5は、同僚たちと近くのカフェや韓国料理屋さんなどで話したりご飯を食べに行くのが楽しみと語ってくれました♪

Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)ってどんなとこ?


勉強も仕事も頑張るお二人に、Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)ってどんなところか聞いてみました!

Q: CWCを一言で表現するとどんな学校ですか?
とにかく生徒想いでアットホームな学校だと思います。
ジェームス学長は生徒全員の名前を憶えていて、休み時間に生徒によく話しかけているし、フロントスタッフも生徒想いなんです。家族みたいな雰囲気の学校ですね。

Q:2人とも他の語学学校の経験があるそうですが、他校と比べてどういう点が気に入っていますか?

Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)に入学してびっくりしたのは、みんなフレンドリーで各国の友達ができやすいところ!学校の中心にラウンジがあって自然とみんなそこに集まるんですけど、そこにいるとクラスや国籍関係なくしゃべりかけてくれるのが日常茶飯事なんですよ。


あとはぶっちゃけ授業料がお得な学校だから、授業もあまり良くないんじゃないか・・と思っていたんです。でも実際は、前の語学学校に比べても授業や生徒のかなり質が高いと思いました。

Q:では次は、スタッフとして働く上でColumbia West College(コロンビアウエストカレッジ)はどんなところですか?

とても働きやすいですよ!みんな優しく教えてくれるし日本みたいな会社のような雰囲気じゃなく、和気あいあいとしています。
私がおもしろいなと思うのは、インターン生って私たちだけじゃないんです!中国チーム、ブラジルチーム、タイチームなど、各国のインターン生がいて、一緒に働いていて毎日新しい発見だし、仕事の仕方や考えも知ることができて本当に刺激的です!


やってみたい!と何か提案したら、実現までのスピードが速いのもすごいと思った!
今密かにインスタだけのキャンペーンで、劇的にオトクに留学できるパッケージプランがあるんですね。提案時はこんなの大丈夫なのかなと思っていたんですけど、ジェームス学長に「いいね!」と言われてあっと言う間に実現されました(笑)

アメリカのインターンをやってみてどうだった?


2人はマーケティングのスタッフとして、インターンをしています。
アメリカで働く、英語を使って働くという経験を実際してみてどうか聞いてみました。

どんな仕事内容なの?


Hirokiさん

企画・営業・SNSマーケティング・アドミッション全般

僕は日本で大学生なので、企画や運営、マーケティングの仕事をするのは初めてでした。
初めはフロントデスクのアドミッション業務を教えてもらい、学校運営や生徒さんへの対応を学びました。

2か月目からマーケティングにも携わらせてもらうことができ、インスタグラムやTikTok(ティックトック)を使ったマーケティングを企画、演出しています。
やり始めて知ったのが、中国では日本の比にならないくらいTikTok人気がすごいんです!TikTokがきっかけで中国の方からの問い合わせが増え、ウェブマーケティングは反応が速いのでおもしろみを感じました。

あとは自分の留学経験も踏まえ、こんな留学プランあったらいいのに!という企画をいくつか提案していきました。
今一番問い合わせが多い留学プランがあるんですけど、実はそれ僕がジェームス学長と企画からサービス化まで実現したものなんです!
超~破格なプランをインスタグラム限定で出したんですが、反響がすごく大きくて、自分が考えた企画が実際にお客さんに届いたこともうれしかったし、SNSの影響力の大きさも改めて感じました。


Minamiさん

企画・SNSマーケティング・運用管理・分析全般

私は、日本でPR会社でマーケティングや制作に携わっていましたので、Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)でもウェブマーケティング中心に仕事をさせてもらっています。
まずは既存で持っていたインスタグラムの内容の改善、また日本専用アカウントの立ち上げ、企画・運営を今まで進めてきました。
また、どんな投稿やインスタライブなどの動画が日本の生徒に反響があるかという分析をしたり、より目に付くようにするにはどうしたらいいか、SEOというマーケティング分析も担当しています。

その他、私はマイアミにも2年間住んでいましたので、ロサンゼルスらしい留学のスタイルをもっと提案したいと感じ、ダンス留学のパッケージプランを現在企画中です!
学校からダンススタジオへのアクセスも抜群なので、ダンスのレッスンと語学留学のお得なプランができそうです!!現在は、スペインのデザインチームと一緒にデザインを考えたり企画内容をつめたりしています。

英語は伸びた?

伸びました!!!

Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)には日本人のスタッフは現在いないので、仕事について聞けるのはネイティブのスタッフのみ!
聞かなきゃ仕事が進まないので、英語に自信がなくてもなんとかコミュニケーションをとって教えてもらうしかないんです!
他の国から来たインターン生と一緒にプロジェクトを進めることもあり、そこでも英語が必須となります。

初めは慣れない中、英語でメールをやり取りしたり、電話対応をしたり、英語を使いながら仕事をするということは大変なことも多かったですが、その分自分の予想以上に早く英語が上達しました。

こんなスキルが身に付いた!



僕はプロとして仕事をすることを学び、精神力が鍛えられました!(笑)
エージェントからの問合せや生徒からの問合せ対応、また生徒のカウンセリングなどをしていく中で、自分はインターンだとしてもお客様はプロとして見てくるので、絶対お客様の期待を裏切らないようにプロとして対応をしようと心がけました。

あとはスタッフ全員が心の底から生徒想いで、何かアクションを起こすとき、必ず根底には生徒のためになるかという問いかけをするよう指導されました。
現状に疑問を持って、生徒がハッピーになるかどうかという基準に立ち返って改善を繰り返すクセがつき、自発的に企画などを提案できるようになったのはよかったと思います。


マーケティングの仕事をしたことがあるのが当初学長のJamesと私だけだったので、2人で企画からプロモーションまで進めることが多く、Jamesのマーケティング手法や企画力を身近に見て学ぶことがとても多いです。

あとは学業と仕事の両立ができたという点が自信につながりました!
私は車で1時間ほどのところに住んでいるので通学も長く、授業では毎週プレゼンテーションがあってビデオを制作したりととてもクリエイティブなんです。その準備も結構大変で、そんな中インターンシップでも実績をあげようと必死で、正直はじめは大変でした(笑)
でも毎日充実していて英語漬けになって、ここで培った英語力と日本人以外のメンバーと仕事をするコミュニケーション力や仕事の実績を得られて、今後どの国に行っても役立つスキルが身に着いたと今では自信を持つことができて、本当にインターンをしてよかったなと思っています。

今後のインターン生へ向けて

お二人が今後の後輩インターン生へ向けてメッセージをくれました!!

まとめ(第2期生の募集開始します)

Columbia West College(コロンビアウエストカレッジ)という語学学校で、マーケティングの仕事に携わるインターンシップの第一期生として入ったHirokiさん、Minamiさんに取材をしました。

多国籍の環境の中で、英語でコミュニケーションしながら仕事をすることは正直大変だったということですが、スタッフ同士が本当に仲が良く切磋琢磨しながら助け合う環境があるため仲間ができて楽しいと2人とも語ってくれました。

第2期生を募集します!
今回はプログラミングやビデオ編集などのスキルがある方を対象に加え募集をしていきます!!
応募は下記リンクの記事内の応募フォーム、またはLINE@、カウンセリングフォームからもお問合せ可能です。

海外インターンシップならロサンゼルスのCWCがおすすめ。その訳は?

FurukawaTaki

イギリス、ニュージーランド、オーストラリアへの短期留学、韓国の大学への交換留学と多くの留学を経験してきた留学マニアです。海外で働く夢があきらめきれず、新卒から10年勤めたIT関連の会社を離れ夫と二人ロサンゼルスに来ました!日々刺激でいっぱいの留学生活は、自分の成長させてくれる場所です。ロサンゼルスでの語学留学、ダンス留学、美容留学などぜひお問合せください。

-留学体験談, 語学学校探し

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2019 AllRights Reserved.