ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

ロサンゼルスLAの生活基本情報

ロサンゼルス語学学校の寮、費用や評判を比較!学校寮っていいの?

投稿日:2020年7月31日 更新日:

「ロサンゼルス留学、ぶっちゃけ語学学校の寮ってどうなの??」

「寮の費用はいくら?」

 

こんな疑問を解決していきます。

 

寮を検討しているけど、実際のところどうなんだろう?

と気になっているあなた!

寮に滞在した生徒さまからの感想を正直に書きますので参考にしてみてください。

ロサンゼルス語学学校、寮の比較一覧


ロサンゼルスでは語学学校が寮の運営をしている所と、管理会社と提携して寮を提供している学校と2タイプがあります。

語学学校管轄の寮はそこの学生のみ滞在。

管理会社にまかせている場合、他校の生徒さんと一緒のお部屋になることがあります。

 

では早速気になる寮の費用とその評判をまとめましたのでどうぞ!

 

語学学校名 1週間の滞在費 申し込み費用 評判 管轄
EC 345ドル 90ドル パーティーがよく開かれる 管理会社
ELS 520ドル なし パーティーがよく開かれる 管理会社
CEL 350ドル 100ドル パーティーがよく開かれる 管理会社
Kaplan 420ドル 80ドル 学校まで徒歩で行ける寮があっていい 管理会社
MLI 276ドル(4週間以上滞在) 300ドル 日本人が多い 語学学校
Kings 352ドル(5週間以上滞在) なし パーティーがよく開かれる 語学学校
CWC 175ドル 100ドル 可もなく不可もなく 管理会社

※何か所か寮をもっている学校は一番安い費用を記載。
※Twinルーム(1室2名)の料金で比較しています。

寮の評判について

表をみてわかるように「パーティがよく開かれている」所が多いことがわかります。

これは提携している管理会社が同じ、つまり複数の学校が同じアパートを寮として利用しているから似たような意見がでるわけです。

ブラジル、トルコ、サウジアラビア人が多い学校はパーティー率が高くなるそう(生徒さま談)

一方、お友達ができたり、一緒に勉強できたのがよかったという声もあります。

生徒さまの声


寮に滞在した生徒さまからの感想をまとめました。

・友達ができた
・料理を一緒につくったり、勉強ができてよかった
・自由に過ごせて気楽
・パーティーが楽しかった/うるさかった
・日本人が多かった

1つのアパートを何人かでシェアしますので、お互い尊重しあって生活をしないとうまくいかないようです。

あとはこういったところで文化の違いを痛感するする生徒さまも多いのが現実。

どういった人が寮に向いているのか?

今まで寮に滞在してきた生徒さまをたくさん見てきた結果、寮の方が向いていると感じたのはこんな人です。

・時間に縛られることなく自分のペースで生活がしたい
・自炊が苦にならない、もしくは好き
・わいわい楽しく過ごしたい
・わりと誰とでもうまくやれる
・自立している

寮は食事の提供がありません。

自分の好きなモノを食べたいという人にはちょうどいいですね。

就寝時間が決まっていないので自由な生活も手に入ります。

ただし、滞在するお部屋によってはルームメイトが頻繁に変わることがありますので、

どんな人とでもうまくやっていける協調性のある人の方がトラブルもなく過ごしているように思います。

ホームステイ向きの人


逆にホームステイのほうがうまくいく人の共通点って何でしょう?

・自炊はしたくない
・異文化交流がしたい
・アメリカ人と生活がしたい
・困ったときに頼れる家族がほしい
・静かに過ごしたい
・18歳未満の人

ホームステイの醍醐味といえば、異文化交流が期待できる、アメリカに第2の家族ができることでしょう。

ハウスルールがある分、寮より自由度は減るかもしれませんが、困ったときに助けてくれるファミリーがいると心強いはず。

またホスト宅では基本英語Onlyなので、会話力もアップしやすいというメリットもあります。

 

弊社ではホームステイ手配を行っております。こちらの記事も参考にしてみてください。
アメリカ、ホームステイのすべて【費用・メリット・体験談など】

選べるホームステイ

 

語学学校の寮、注意点


寮に滞在する上でいくつか注意点があります。

食事、洗濯、身の回りのことは自分でする

上記にも書きましたが、寮では食事は自分で用意します。洗濯も各自で行います。

貴重品の管理

パスポート、I-20、現金、なくなって困るものはスーツケースの中に入れて鍵をするなど、貴重品管理は自己責任で。

モノがなくなった…という話、わりと耳にします。

自分のものには名前を書く

「調味料がの減りが早い…」寮のあるあるだそう。

自分のモノには必ず名前をかきましょう。

シャンプーや洗顔も使うときだけバスルームに持っていき、使わないときは自室に保管するなど工夫が必要。

 文化の違いにおどろかない

部屋の中で靴をぬがない、食文化の違いなど日本人以外と生活をすると考えられないことも起こるでしょう。それも海外生活のいい経験だと思って、うまくつきあう必要があります。

 

片づけをしない、ゴミをすてない、キッチンに食べ残しがあっても気にならない…などなど文化の違いではなく、人としてどうなんだ?ってことは相手に伝えましょう。

国籍がかたよることもある

日本の夏休み期間は日本人留学生が増えます。

場合によってはルームメイト全員が日本人の可能性もあります。

Twinルームにはプライベート(個室)ではない

学校寮ではPrivateもしくはTwinルームが選べます。

Private Roomというのはいわゆる個室タイプ。

例えば2つ寝室のあるお部屋なら、その1つがあなたの個室になります。

他のルームメイトと共有するのはキッチン、リビングルーム場合によってはバスルーム、これがPrivateですね。

 

Twin Roomとは、2寝室のうち1部屋にベッドを2つおき、ルームメイトとそのお部屋をシェアするタイプ。

片方のお部屋にも2名入るとしたら、1つのアパートに4名が滞在する形となります。

 

1室2名という表記がされるTwinは、個室が持ててキッチンなど共有スペースをルームメイトとシェアすると思われる方もいるのでご注意!

 

まとめ

寮、ホームステイどちらをとってもメリットやデメリットはあります。

安心、落ち着いた生活を望むならホームステイ。

お友達をつくってわいわい楽しみたいなら寮。

あなたに合った滞在先を選びましょう。

 

 

語学学校の寮に関すること何かわからないことがあればお気軽にお問合せくださいませ。

KoyamaReiko

ロサンゼルスの延べ留学経験は5年。語学学校の案内はもちろんですが、ホームステイや家探しなどは1ヶ月に10件以上ご提案しています。治安の良い滞在先についてお任せください!

-ロサンゼルスLAの生活基本情報

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2020 AllRights Reserved.