2017年 最新ロサンゼルスのサマーキャンプおすすめランキング

2Tt3uz8XWMPjmyt1491680716_1491680807

日本では新学年が始まったばかりですが、ロサンゼルスでは春休みが始まり、夏のサマーキャンプをどうするか、という話をする家族が多くなってきました。

お子さんがサマーキャンプに参加するとどんなことが得られるのか、英語がわからなくても大丈夫か、2017年オススメのサマーキャンプのご紹介などをしていきたいと思います。

もくじ

  • なんでサマーキャンプに行くの?
  • サマーキャンプで得られること
  • 英語がわからなくても大丈夫?
  • 好きなことがみつかるサマーキャンプランキング

なんでサマーキャンプに行くの?

ロサンゼルスの子供たちは、共働きの両親が多いので学校に行く代わりに楽しいサマーキャンプに行ける!と喜んでいる子供もいますし、勉強に特化したサマーキャンプに行くからあまり嬉しくないという子供もいます(笑)

では、日本の子供たちはなぜロサンゼルスのサマーキャンプに行くのでしょうか?

これには大きく分けて2タイプあり、一つはお子さんの教育のため、そしてもう一つはお母さんの英語の勉強のためというものです。お母さんも勉強ができお子さんのためにもなるならこんなにいいことはありません。

もう一つ、お母さんは学校に行かずロサンゼルス観光をすると言う方も多く、それも夏の醍醐味です!いつも家で大変なお母さんはこの時期は楽しんじゃいましょう。

サマーキャンプで得られる3つのこと

全てのお子さんに言えることではありませんが、昨年3週間以上参加したお子さんたちに共通して見られたことは、好きなことがみつかる、英語の聞き取りができるようになる、そして毎日楽しいので笑顔になるということでした。

1 好きなことがみつかる

ロサンゼルスのサマーキャンプは本当にいろいろな種類があります。ロサンゼルスならではのものは、サーフィン、スキューバダイビング、セイリングなどの海のものや、大自然の中でのアクティビティがあります。その他は以下が主なものです。

語学、バスケ、サッカー、野球、テニス、ゴルフ、アイススケート、バレー、陸上、ダンス、裁縫、演劇、アート、ビーチ、音楽、写真、テクノロジー、コンピュータ、レゴ、映画、科学、ゲームデザイン、コメディー、飛行機、料理、起業、乗馬、プール、格闘技、モデル、リーダーシップ、自己啓発、動物、チェス、作文。

これだけあれば好きなものがあるのではないでしょうか?サマーキャンプの中には、いろいろなアクティビティーをする物もありますので、好きなものがわからなくても、何か新しい体験をすれば好きなものがみつかるでしょう。

2 英語の聞き取りが格段に良くなり、理解できるようになる

ロサンゼルスでのサマーキャンプは当然ですが全て英語です。最初は戸惑うこともあるでしょうが2・3日もすると慣れてくるものです。サマーキャンプの1週間後には、英語のテレビアニメを見て笑えるようになっていたというお子さんもいます。

3 楽しいから笑顔で家に帰ってくる

お子さんの笑顔を見て嬉しくない親はいないと思います。英語の聞き取りができなくとも、積極的に話しかけられなくとも、お子さんの笑顔が見られればそれだけでOKなんじゃないでしょうか?それだけでサマーキャンプに参加する価値があるというものです。

サマーキャンプには楽しいイベントやアクティビティが盛りだくさん。もしお子さんが自分の興味があることが明確であれば、その興味のあることに特化したサマーキャンプに、まだ興味のあることがわからなければ、たくさんのアクティビティをするサマーキャンプに参加すればいいのです。

楽しいことがたくさんあるので、每日お子さんが笑顔で家に帰ってくること間違い無しです。

上記の3つの得られることの他に、スポーツのサマーキャンプに参加すればスポーツが上手くなりますし、科学のサマーキャンプに参加すれば新しい発見や学びがあります。

今はどんなことが好きかわからなくても、様々なアクティビティがあるので、何か必ず好きなことがみつかるはずです。私の娘は去年スティーブ・アンド・ケイトのサマーキャンプに参加し、ミシンを使った裁縫が好きだということを発見しました。

英語がわからなくても大丈夫?

英語がわからなくても、サマーキャンプを楽しめるので大丈夫です!想像してみてください、自分が全く言葉の分からない場所に旅行に行ったことを。言葉がわからなくても、なんとか食事を注文して食べてみたりシュノーケルをしてみたり。

言葉がわからなくても楽しんだことだと思います。新しい発見があったり、変なものを注文して失敗したり。そんなことも含めて楽しいいい思い出になるのだと思います。

サマーキャンプも同じで、英語がわからなくても必ず新しい発見があったり自分の興味のあることが見つかったりします。

好きなことがみつかるサマーキャンプランキング

それでは、2017年の好きなことがみつかるサマーキャンプランキングです。

  1. タンブルウィードTumbleweed
    1週間780ドル
  2. スティーブ・アンド・ケイトSteve and Kate
    1週間450ドル
  3. カントリー・デイCountry Day
    1週間550ドル
  4. ワイエムシーエーYMCA
    1週間180ドル~
  5. エムエルアイMLI
    2週間4,499ドル 滞在費、食費込み

タンブルウィードTumbleweed

どこよりも格段にアクティビティが多いので、いろいろな体験ができ、好きなことがみつかることでしょう。

また、リーダーシップを学べることがウリのタンブルウィードは、イギリスの皇室をはじめ、いろいろなところから重要人物の子どもたちが集まっています。したがって子どもは自発的に行動ができるように育っていきます。

重要人物やセレブの子どもが多いこともあり、基本的にサマーキャンプ場まで送り迎えがありますので、親の送迎の手間が掛からないというのは運転をしないお母さんにとってとても助かります。

IMG_2588

  • 費用
    1週間750ドル
  • 人種割合
    白人60% アジア人10% ヒスパニック5% 黒人5% その他20%
  • 受け入れ年齢
    4~14歳
  • 開催期間
    6/19~8/18
  • 授業内容
    アーチェリー、アート、遊技場、ゲーム、プール、ロッククライミング、自然学習、スポーツ、ハイキング、音楽、本の読み聞かせ、宝探し、乗馬、創作
  • 住所
    1024 Hanley Ave, Los Angeles, CA 90049
  • 電話番号
    310-472-7474

タンブルウィードのサマーキャンプはどのサマーキャンプよりもアクティビティーが多いです。アーチェリー、アート、遊技場、ゲーム、プール、ロッククライミング、自然学習、スポーツ、ハイキング、音楽、本の読み聞かせ、宝探し、乗馬、創作などなど。

このサマーキャンプは、自主性をつけること、リーダーとして振る舞うことを中心においています。費用は高いですが、世界中からここのサマーキャンプに集まってきます。

イギリスの皇室をはじめ、いろいろなところから重要人物やセレブの子どもたちが集まっています。やはり、リーダーシップを学べるということがその理由でしょう。

また、1人の先生につき子供が最大5人というロサンゼルスで一番少人数制なので、ひとりひとりの子どもに目が届き安心してお子さんを預けられます。、

学校が指定する地域に住んでいる場合、家まで送り迎えがあります。日本からサマーキャンプに参加する場合、送り迎えが本当にネックになります。レンタカーで車を運転したくない人にはうってつけのサマーキャンプです。

スティーブ・アンド・ケイトSteve and Kate

2017y04m08d_132541446
やることを強制しないサマーキャンプのスティーブ・アンド・ケイト。好きな時間に、好きなことを、好きなだけできるのがこのサマーキャンプの醍醐味です。

  • 費用
    1週間450ドル
  • 人種割合
    白人70% アジア人10% ヒスパニック10% 黒人5% その他5%
  • 受け入れ年齢
    4~12歳
  • 開催期間
    6/19~8/18
  • 授業内容
    映像、パン作り、コンピュータ、音楽、ファッション
  • 住所
    Pennekamp Elementary School 小学校で行います
    110 South Rowell Avenue, Manhattan Beach, CA 90266
  • 電話番号
    323-244-2089

私の娘はこのサマーキャンプで新しい好きなこと、裁縫を発見しました。色々アクティビティがあるのに、一日中ずっと裁縫をするほど好きになり、家に帰ってミシンを買うようにせがまれました(笑)

ファッションの中に裁縫があり、每日私に何か作ってきてくれました。メガネケースや枕、小銭入れなどです。小銭入れは今でも使っています。お子さんが何か制作してくれるのでとてもいい思い出になります。

スティーブ・アンド・ケイトでは、映像、パン作り、コンピュータ、音楽、ファッションの中から好きなものを、好きなだけできます。他のサマーキャンプはスケジュールがあって、好きなだけやるということはできません。

好きなこと好きなだけできるので、もちろんお子さんは大満足して帰ってきます。6つのアクティビティですが、ファッションの中には裁縫の他に着飾るファッションショーがあったり、コンピュータの中にはゲームを作成することやロボットを作ることをします。

カントリー・デイ

2017y04m08d_145235357
過去の参加者で一番人気のカントリー・デイ。プール、スポーツ、アート、ダンス、料理、創作などがあります。毎回1,000人以上の参加者がいる超人気の定番サマーキャンプです。

  • 費用
    1週間550ドル
  • 人種割合
    白人40% アジア人30% ヒスパニック10% 黒人10% その他10%
  • 受け入れ年齢
    4~12歳
  • 開催期間
    6/26~8/18
  • 授業内容
    プール、スポーツ(バスケ・サッカーなど)、アート、ダンス、料理、創造活動、乗馬
  • 住所
    26444 Crenshaw blvd, Rolling Hills Estates, CA 90274
  • 電話番号
    310-377-4848

親の視点からすると、先生が多くて子どもたちを常に見守ってくれているのが心強いですね。乗馬なんかも普段はできないことなので、本当にいい経験になると思います。

とにかく子どもたちが楽しんでいます。子どもたちは毎日行くのを楽しみにしています。娘に聞くと、自分の好きな活動があって、先生が優しいからだそうです。

実際に娘が好きだった活動は、プール、ジャンパーというビニールで出来た大きな家や滑り台で、空気を常に入れているので中でジャンプをして遊べるもの、Wii、そして金曜日のハンバーガーを食べることでした。

毎週金曜日にはイン・アンド・アウトIn and Outというロサンゼルスで大人気のハンバーガー屋さんが大きなトラックでやってきて、目の前でハンバーガーを作ってくれます。ロサンゼルスに住んでいる人であれば、一度は子供をここに入れてみたいと思うサマーキャンプです。

ワイエムシーエーYMCA

@mx_500
ワイエムシーエーYMCAは若者のリーダーシップを育成するために設立された歴史のある団体です。地域に根ざしていることからサマーキャンプの費用も他のところと比べると格安です。

  • 費用
    1週間180ドル~
  • 人種割合
    白人30% アジア人20% ヒスパニック20% 黒人20% その他10%
  • 受け入れ年齢
    4~18歳
  • 開催期間
    6/26~8/31
  • 授業内容
    リーダーシップ、プール、スポーツ(バスケ・サッカーなど)、アート、ダンス、創造活動
  • 住所
    2900 Sepulveda Blvd, Torrance, CA 90505
  • 電話番号
    310-325-5885

地元からリーダーを選出するために設立されたYMCAなので、リーダー育成が多いということと、地域に根ざしているのでほとんどが地元の子どもで形成されています。

地域に還元するという理念から費用も他のサマーキャンプに比べると格段に安く、また夕方6時までやっているので共働きをしている家族にとってはとてもありがたいサマーキャンプです。

このような事情から現地の子供達とふれあいたいのであれば、YMCAはいい選択肢と言えます。またプログラムも多く、お子さんの好きなアクティビティをみつけることができるでしょう。

エムエルアイMLI

2017y04m08d_190455562
日本人の要望を満たしたオススメのサマーキャンプです。週に2回英語の勉強をし、残りの3日間を現地の子供達と一緒にサマーキャンプで過ごします。

  • 費用
    2週間4,999ドル
  • 人種割合
    白人40% アジア人30% ヒスパニック10% 黒人10% その他10%
  • 受け入れ年齢
    9~14歳
  • 開催期間
    7/24~8/04
  • 授業内容
    英語学習、プール、スポーツ(バスケ・サッカーなど)、アート、ダンス、料理、創造活動
  • 住所
    10880 Wilshire Blvd. #122, Los Angeles, CA 90024
  • 電話番号
    310-887-0777

サマーキャンプと滞在費すべてを含み、4,499ドルです。必要なのは航空券のみ。日本人のニーズをすべて網羅した2017年最もアツいサマーキャンプです。

月曜日にサマーキャンプで使う英語学習をし、火・水・木は現地のサマーキャンプに、そして金曜日はサマーキャンプで使った英語や、いいたくても言えなかった言葉の復習をします。

サマーキャンプはタンブルウィードに似た、現地の子供達が通うたくさんのアクティビティがあるものです。寮に寝泊まりしますが、一日3食全てついており、通学に必要な交通手段も全て手配してくれます。

英語も遊びもと言う欲張りな方にはもってこいです。しかも必要なものは全て費用の中に含まれているので安心してお子さんだけをサマーキャンプに通わせられます。

まとめ

お子さんもお母さんも楽しめるロサンゼルスの’サマーキャンプ。一年に一度の学べて楽しめるサマーキャンプです。サマーキャンプに参加すれば、お子さんもお母さんも皆笑顔になること間違いなしです。

サマーキャンプに関するお問合わせはこちらからどうぞ。


語学学校・ビザに関するご相談

日本人が少ない学校に行きたい、会話中心の学校に行きたい、ビザが却下されないためにはどうすればいいんだろう。そんな不安をお持ちな方がたくさんいます。

ブログではお伝えしきれない語学学校の裏情報やさらに詳しいビザ情報を知りたい方はこちらからご相談ください。ロサンゼルス留学情報館のスタッフが対応させていただきます。

「ロサンゼルスLAでサマーキャンプ」, 「ロサンゼルスLAでホームステイ」カテゴリの人気記事はこちら

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校ランキング

高校1年生になって、ロサンゼルスへLA留学したい。でも初めての海外で危険な目に合うかもしれないから怖い。親御さんであれば、娘さんや息子さんを留学させたいけど、危ない目に合わないか心配、そんな意見をよく聞きます。

ロサンゼルスに住んで12年、ロサンゼルスのLA留学をサポートして6年になる私が、一般的にロサンゼルスと言われている範囲内で、治安が良い地域をランキングにしました。治安が良い地域に属する語学学校も一緒に載せてあります。

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校 オススメ比較ランキング

管理人 青柳陽輔について

当ブログは、ロサンゼルスに会社を置く、ロサンゼルスインフォという会社の社長である青柳陽輔が書いております。

ロサンゼルスインフォ 代表取締役社長CEO 青柳陽輔(アオヤギ ヨウスケ)
1980年7月21日生まれ

7歳上の韓国系アメリカ人の妻と、2007年に産まれた娘の3人暮らしです。2005年にロサンゼルスに移住後、気づいたら10年以上になりました。

1999年4月 東京農業大学の国際食料情報学部に入学
2000年3月 ブルキナファソにて1ヶ月間のボランティア活動
2002年 大学を休学してザンビアにて1年間のボランティア活動
2004年6月 ロサンゼルスへ観光ビザで出入りしながらオーガニックファームで働く
2006年10月 ロサンゼルスにてカフェテリアの経営開始
2011年10月 ロサンゼルスインフォの代表取締役社長に就任

細かいプロフィールはこちら→http://www.los-info.com/profile03

転校、その他のお問い合わせ・ご相談

ロサンゼルスへでの転校を始め、現地の情報やブログに関してなにかございましたら、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

ピックアップ記事

  1. IMG_3979
  2. dKVtcbrC1praZsw1499895868_1499896058
  3. 2016-07-13_105234a
  4. mYSI5OYrQuD7P7m1486659371_1486659502
  5. 11IMG_2443

管理人 青柳陽輔

ロサンゼルスインフォ
代表取締役社長 青柳陽輔
1980年7月21日生まれ

学生時代はブルキナファソ、ザンビアとボランティア活動に夢中でした。
2005年に結婚を機にロサンゼルスへ移住し、カフェの経営経験をもとに、現在は留学を通して、日本人のサポートをしています。

詳細プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る