ロサンゼルスLAでホームステイ

LAホームステイで太りたくない!体に悪い冷凍食品は使わない、電磁波の危険がある電子レンジは使わない LAサンタモニカのホームステイ

投稿日:2016年7月2日 更新日:

今回紹介するのは、オーガニック食材のみを使って食事を出してくれ、かつその料理が美味しいエイミーさんのお宅です。

アメリカの食事はギトギトしていて不味い、添加物とかいっぱい入っていてカラダに悪そう。そんなイメージが有ると思いますが、エイミーさん宅では全くそんなことはありません。

他にもオーガニック食材を使ってくれるホームステイもありますが、エイミーさん宅はその中でも一番美味しいと評判です。

ホスト名:エイミー(仮名)
家族構成:ホストファザー、ホストマザー、犬
職業:ホストファザーは営業職、ホストマザーはインテリアデザイナー
家について:一軒家、4LDK、裏庭、パティオ
場所:サンタモニカ
学校までの距離:SMC(30分)、EC(40分)、ELS(40分)、CEL(40分)
ここがオススメ:オーガニックでおいしい食事
こんな人は行かないで:シャワー時間が長い人

材料は常にオーガニックのものです。野菜やフルーツはもちろん、調味料もなんだってオーガニック。変な添加物も入っていないので健康的です。ジャンクフードをついつい食べてしまい、栄養が気になる方も、エミリーの家では大丈夫です。

手作りのお菓子やフルーツがいつでも食べられます。でも、美味しいと太ってしまうのでは?いえいえ、太る原因とされる砂糖が入っていない手作りのミントジンジャー水やこってりしたデザートのかわりにフルーツを食べるので大丈夫。

アボカドグリーンサラダ、ベイクドポテト、鳥の胸肉マッシュルーム添え、マスカット

IMG_3716

鳥の胸肉は日本では値段が一番安い部位だと思いますが、ロサンゼルスでは一番高額な部位です。なぜなら、脂分が少なくタンパク質が豊富で需要が高いからです。10数年ほど前から赤身の肉を食べているのが健康に良くない、白身の肉を食べましょうというアメリカ全体にキャンペーンがありました。

その影響で、今は鳥の胸肉が一番需要があって高いのです。ちなみに、手羽元が一番安く、胸肉の3分の1位の値段で買えます。サラダドレッシングも市販のものではなく、自分で作ったものなんです。

トマトスープ、ツナサンドイッチ、マスカット

IMG_3793

2日間かけて作ったトマトスープ。これは本当に美味しいんです。一番の大好物です。レシピは企業秘密とのことでしたが、ケールとセロリを使っていることだけは教えてくれました。サンドイッチもレタスがたくさん挟まったツナサンドイッチ。

ビンチョウマグロを使ったツナはカロリー控えめなのに食べごたえがあります。

グリルチキン、キヌアサラダ、アボカド、ピタチップス

IMG_3813

キヌアサラダやピタチップスはロサンゼルスでよく食べられる地中海料理です。地中海料理は野菜をメインで使うので、ベジタリアンがよく愛用する料理でヘルシーです。キヌアは最近日本でも健康食品として取り上げられていると思います。

白米と比べ、食物繊維10倍、カルシウム10倍、鉄分5倍だそうです。キヌアサラダ体にいいサラダの筆頭としてロサンゼルスではよく食べられています。

グリルチキン、コーン、ピタブレッド、ハマス、ミニトマト、アボカド

IMG_3803

これも地中海料理です。ピタブレッドは直径15センチ位のインド料理のナンのようなパンです。半分に切ってピタブレッドを開き、ドラえもんのポケットのようになるのでその中にチキンやレタス、トマト、アボカドなどを挟んで食べます。

ハマスはひよこ豆をペースト状にし、にんにくやごまペースト、オリーブオイルを混ぜてディップにしたものです。

バナナブラウニー、ブルーベリーマフィン、グレープフルーツ、ミックスフルーツ

IMG_3788

朝食も全て手作り。ほとんどのホームステイでは、朝食はコンチネンタルスタイルと言ってシリアルやパン、ヨーグルト、フルーツなどを自分で適当に食べるスタイルです。このバナナブラウニーはどの留学生にも大人気です。

でも、エミリーさんのお宅では、ほぼ毎日朝食も手作りで作ってくれます。

たまにはデザートも チョコレートワッフル

IMG_3825

クリームがかかって、こればっかりは健康とは言えないですが週に一回のスイーツ。心を癒やしてくれるので、たまにはいいですよね。ちゃんとバナナも添えてあります。

ミントジンジャー水

IMG_3714

おしゃれです。こんなの私日本の家庭で見たことないです。水にもミントとしょうがを入れてミントジンジャー水を作っているんです。

健康にとても気を使っているエミリーさん。冷凍食品も使わないし電磁波の危険性も考慮して、電子レンジを持っていないほど、健康管理に徹底しています。

とても清潔な家

以下がハウスルールです。

  1. とにかく楽しむこと
  2. 部屋の中では飲食禁止
  3. シャワーは3分、基本22時までに浴びる
  4. トイレットペーパーはちょっとずつ使うこと(水量が少なくてつまりやすいから)
  5. 洗濯は毎週水曜日
  6. 毎朝ベッドメイキングしてから家を出ること
  7. シャワーを浴びた後はシャワールームの壁を水滴取りでふき取る
  8. 晩御飯は毎日6時。外食する時には電話をする
  9. 部屋の中では靴を脱ぐ
  10. 夜遅く帰ってきたときは玄関のドアのかぎをしめること

ハウスルールの2、5、6、7、9と、ルール10個の半分が家を綺麗に使うということです。洗濯も、色物と白いものを分けてやってくれます。一般的な日本人の感覚からすると、ロサンゼルスの家庭はあまり綺麗とは言えないとことが多いです。

しかし、これだけ気を使っているのでいつ行っても綺麗にしています。ハウスダストアレルギーを持っているのであればエミリーさんの家がうってつけです。

yosuke

ロサンゼルス滞在歴13年で、ロサンゼルス留学情報館の経営者。ほぼ毎週学校を周っています。 小学生の娘を20以上のサマーキャンプ、ウィンターキャンプに送っているので、お子さんにピッタリのキャンプ選びをお手伝いできます。 また娘は公立、私立、日本語補習校と3つの学校の経験もあるので、親の視点から見たベストの学校選びをお手伝いします。

-ロサンゼルスLAでホームステイ

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2017 AllRights Reserved.