ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

留学相談
お問合せ
カウンセ
リング 

留学体験談

コロナの影響を受けながらもやり遂げた、ボディビル留学!

投稿日:2021年3月5日 更新日:

『コロナの流行ともに始まった留学だったが、人々との出会いに恵まれたかけがえのない経験』

コロナ禍での半年間の留学を経験したYusukeくんに、ロサンゼルスでの留学体験談を書いてもらいました!

自己紹介

慶應義塾大学4年、大野優介、23歳。
大学を休学して6ヶ月間語学留学をしました。

大学をこのまま4年間で卒業することに違和感を持ち、学生最後に大きな挑戦をしてみたいと感じたのが、留学を決意したきっかけです。

留学前・中に感じていた不安

入国時含め生活する上での語学力の部分が心配でした。

また、1ヶ月分しかアパートを確保していなかったので、残り5ヶ月分の現地で住むところを見つけられるかということも心配でした。

留学してみて、実際はどうでしたか?

初めは英語を全く聞き取れず苦労しました。

3ヶ月目ぐらいから若干聞き取れるようになりましたが、現地の人と話すのは最後まで苦労しました。

それでも留学終盤には現地の人と一緒にジムで合同トレーニングするレベルには上達しました。

アパートに関しては、現地のサイトを利用して何とか見つけることができました。
全体的なLAの感想としては、どこに行っても人々がとてもフレンドリーだったことが印象的でした。

また物価が高く節約が大変だったこと、日本に比べメトロやバスが不便で遠出しずらかったことは個人的な感想としてあります。こんなにもLAが車社会だとは思いませんでしたw

スタッフから一言

渡航して1か月の間に、異国の地でシェアハウスを見つけるのはなかなか大変です。。

運よく気に入る物件とシェアメイトが見つかればいいですが、限られた選択肢の中で、英語で、予算内の物件を見つけ引っ越しまでこぎ着けたYusukeくん、すごいです。

土壇場で入居したシェアハウス先で起こった事件なども話してくれw、Yusukeくんのガッツに頭があがりませんでした( ;∀;)

ちなみに、弊社ではシェアハウス・アパート探しのサポートも行っております!
>>ルームシェア・アパート探しサポートはこちら

ロサンゼルスを留学先に選んだ理由

ロサンゼルスのベニスがボディビルのメッカで、世界的な選手が集まる場所ということで、学生時代情熱を持って取り組んだボディビルの世界一の環境を体験したかったからです。

ベニスのゴールドジムでトレーニングするのが夢だったので、LA以外の選択肢はありませんでしたw

留学生活!どんなことが印象的でしたか?

・世界的なボディビルダーと話せたこと。
・コロナ渦にネット掲示板で出会った現地に住む日本人の方に大変お世話になったこと。
・BLM(ブラック・ライブス・マター)
・帰国後に連絡をとるようなクラスメイトやジム仲間に出会えたこと
・ロックダウン前にラスベガスに観光に行ったこと

などなど色々な経験をしました。

コロナ禍での留学で大変だったこと

授業がオンラインになってしまった分、直接生の英語に触れることが、当初の予定よりもできなかったことが少し残念でした。

また、ロックダウンやBLM(ブラック・ライブス・マター)により、積極的に観光したりイベントなどに参加できなかったことも残念でした。

このような状況なので仕方がなかったといえばそれまでなのですが、可能な限り英語を話す機会を自分から作ればよかったと後悔しています。

CELでオンライン授業を受けて

留学期間の授業がほぼ全てオンラインになってしまったことで、円滑に授業が進まなかったことが大変でした。

サンタモニカ校の人数が極端に減ってしまい、急遽サンディエゴ校の授業に参加させていただいたのですが、先生も生徒も非常にフレンドリーだったので楽しく参加できました。

今後の目標

コロナ渦を海外で生活したことで、精神的にとてもタフになれたと思うので、こういうタフさや行動力を今後の人生に活かしていきたいです。
コロナが落ち着いたらまたLAに遊びに来たいとも思っています。

留学を迷っている人にメッセージ

私は、コロナ渦に留学を経験しましたが、不便なこともある一方で、ジム仲間やお世話になった人など、様々な出会いに恵まれ、一生の思い出ができました。

思い切って行動してみることは必ず人生の財産になると思います。ぜひ挑戦して何かを感じて欲しいと思います。

スタッフから一言

2020年2月のご到着後、ちょうどコロナウイルスの影響を受け始めた頃の留学開始でした。

対面からオンライン授業への急な切り替えで学校も混乱している時で、振り回されたことも多々あったと思います(T_T)

そんな中でも、積極的に人脈を築いて行動に移せたことは、Yusukeくんの大きな自信につながっているのではないでしょうか:)

ベニスのゴールドジムが閉まる前に夢を一つ叶えることができて、本当によかったです。帰国後も、ボディビルダーの大会に出たりなど、挑戦を続ける彼を応援しています!

感じたことそのままを綴った貴重な体験談、ありがとうございました!

「留学してみたい!」
「新しい自分を発見したい!」

どんなささいなご不安もご相談ください:)
経験豊富なスタッフがお答えします。

【2021年3月17日更新】

アバター

高校、大学在学中にロサンゼルスでの留学を経験。 西部劇好きの祖父の影響で幼少期よりカリフォルニアの虜になり、大学卒業後はロサンゼルスにて就職しました。 一人の留学生としてスタートした私の経験が、一歩を踏み出す皆様のお役に立てれば幸いです!!

-留学体験談
-, ,

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.