ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

留学体験談

【ロサンゼルス留学体験談】辛い経験もプラスへ 英語&ダンス留学

投稿日:2019年8月16日 更新日:

『思い通りに動けない自分に何度も泣きました。それでもパッションだけは誰にも負けない自信があった。』

今回は、KINGS(キングス)での英語留学とダンススクールでのダンス留学を終え、新しい夢に向かってまさにスタートを切られたアンジーさんに留学体験談を書いてもらいました!

 

ロサンゼルス留学、一言でいうと?

チャレンジ!!!!!

 

自己紹介

わたしは大阪で教師をしていました。趣味は食べること、絵を描くこと、身体を動かすこと、音楽を聴くこと、それから旅行✈️ニックネームはアンジーです☆

 

留学しようと思ったきっかけ

それは友だちTのひとことからはじまった。

『アンジー、L.A.行ったら?』

ほんとに唐突に言われました。笑

1年前くらいからプロの舞台や動画を見て、コンテンポラリーダンスに興味を持ちました。

そんな中、友だち(別の子)がダンスの先生をしている、ということもあり、音楽に合わせて表現することを楽しんでいました。舞台にも立たせてもらったり!!

大学の時にサークルでバレーなどを少しかじったことはあるものの、社会人になり、仕事に没頭。家で音楽に合わせて身体を動かす程度でした。

そんな時に仕事の同僚の結婚式の余興でひとりでダンスを披露し、ダンスに改めて注目すると、不思議なことにどんどん縁が繋がっていきはじめました。

『あぁ、表現することってなんて楽しいんだ!!』と意欲が沸いてきていた矢先に、友人Tからのあのひとこと。

国内旅行には行きまくっていたわたしも海外は3度しか行ったことがなく、貯金も無かったくせになぜかその時『L.A.絶対行きたい!!』と思いました。

そして、とりあえずその年の夏休みになけなしの貯金で1週間ほどL.A.旅行へ。その時L.A.で感じた気持ちは今でも忘れません。

ひとり旅だったのですが、毎秒毎秒が楽しくて、刺激的で、(もちろん危険に対する緊張はありましたが)もっとL.A.にいたい!!と本気で思いました。
そこから日本に帰ってL.A.について、ダンスについても調べ、ダンス留学をする!!と決めました。

 

ロサンゼルスにしたのはなぜ?またKINGSを選んだのはなぜ?

友だちTのひとこと。

からアメリカのダンス事情について調べ、カナダとロスが候補に上がりました。そして、自分の性質を考えたところ、絶対ロスやな!!と思い決めました。

また、留学情報館でスタッフさんに『ダンスが一番の目的で、英語のコミュニケーション力もつけたい。』ということで相談させてもらうと、スタッフの方からキングスを紹介してもらい決めました。

アメリカ無料エージェント比較と正しい選び方

留学前に感じていた不安

ダンス留学を希望したのはいいものの、留学したことないわたしは、『どうしたらいいの?』分からないことだらけ、そんな時有り難いことにわたしは留学経験者の友だちも何人かいてくれ、分からないことはめちゃくちゃ聞きまくりました。

それでも不安が拭えないことも。

『ほんとに自分の決断は正しいのか?』『時間もお金もかけて行って、何かをものにできるのか?』

特にわたしは仕事を辞めて行くこともあり、なにがなんでもやるしかない!!と変に自分を追い詰めることもありました。

 

留学に来てみて実際どうだったか?

結論を言うと、行って正解でした!!

でも留学中はいろいろ自分の中で戦いました。まずは英語。教師とはいえ英語に全く触れない職種だったのもあり、大学ぶりの英語。ボキャブラリーの無さに泣けました!

午前中は学生に戻り、誰よりも本気で勉強しました!英語を勉強することは楽しいしかありませんでした!

そして午後からはダンススクールへ、覚悟はしていたものの、まわりの人たちのレベルの高さに圧倒され、思い通りに動けない自分に何度も何度も泣きました。

でも、パッションだけは誰にも負けない自信があったので、毎日通いました!!アメリカは寛大で、上手く表現できてなくてもみんな称賛してくれ、そんな雰囲気に助けられました!

途中からはふっきれて、今まできちんとダンスをやってきたわけではないんだからできないのは当たり前、とにかく吸収しまくるぞー!!という意気で踊って踊って踊りました!!

今は辛い経験もプラスに変わり、ダンスを本気でやっていこう!と決意しました。

 

KINGSでの学校生活はどうでしたか?

最高でした!!

ハリウッドにあるのですぐに遊びに行けるし!刺激です!

スタッフや先生たち、本当にフレンドリーです。私は2人の先生に教えていただきました。お二人ともコミュニケーションを大事にされる先生だったので、たくさんしゃべりました。

そしてグラマーも丁寧に教えていただきました。さらに授業後に人生相談にまで乗ってもらいました!

たくさんの国の友だちと過ごすスクールライフは本当に楽しくて、最高の経験でした!

Kings Education (キングス) 学校詳細

 

 

ロサンゼルスの語学学校に関するお問い合わせはコチラからお願いします!

どんな些細なことでもご相談ください!

 

ロサンゼルスでの一番の思い出

やはり、一番はダンススクールでの経験です。

先生の偉大さはもちろん、表現することの楽しさや意味を学んだ最高の経験でした。(生で先生のダンスを見たときは鳥肌が立ちっぱなしでした。)

そしてもう一つ書かせてもらうなら、友だちと過ごした時間です。

 

こうすればよかったなーといった後悔していることは?

後悔はゼロです!!

辛かったことも楽しかったこともすべてが必要な経験でした。

敢えて言うなら、もっとお金を貯めて長期で行きたかったです。

 

今後どうなりたいか、留学をどう活かしたいか

英語については、学んでいてほんとに楽しくて、もっと身につけたい!という気持ちなので、日本でも英語に触れる機会を見つけていこうと思っています。

ダンスについては、わたしの新たな夢なので、自分のスタイルを身につけて、英語を生かして世界中で舞台に立ち、たくさんの人たちに笑顔とパワーをもらってもらえるような表現者になります!!

そして、またL.A.にも必ず行きます☆

 

留学を考えている人へ一言、またはアドバイス

毎日を楽しむ!!ことです。そして吸収すること、ですかね。
もちろん、危険なこともあるので緊張感をもって過ごすことも大事です。

わたしは辛いことがあったときは無理せずに、ただ友だちと遊んだり買い物したりして楽しいことしました。そして友だちや先生にたくさん相談しました!!

それから、留学情報館での毎月のピザパーティはお勧めです!!いろんな学校の人と話せるし、スタッフさんはほんとにみなさん英語上手だし楽しい人ばかり!!経験談も勉強になりました。

最後に、応援してくれている友だち、家族そしてスタッフさんたちに感謝しています。これからもよろしくお願いします!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「留学してみたい!」
「新しい自分を発見したい!」
「ロサンゼルスの語学学校についてもっと知りたい!」

どんな些細なことでもご相談ください:)
経験豊富な私たちスタッフがお答えします!!

 

留学生の体験談はコチラのリンク☟からご確認いただけます。
留学経験者の生の声を是非お読みください!

「留学体験談」 一覧

【2019年8月9日更新】

ShimoyamaAsako

大学卒業後、日本の金融系会社に12年勤務。営業・営業推進、および業務プロセス・人材育成プログラムの開発・推進や人材育成リーダー等、様々な業務を担当。自身のスキルアップのため、2年前に一念発起して会社を退職しロサンゼルスへ語学留学。 「社会人経験および社会人留学の経験を活かし、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです!」

-留学体験談

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2019 AllRights Reserved.