ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

ロサンゼルスLAの生活基本情報

【必読】ロサンゼルス、運転免許取得のすべて(年齢、費用、試験など)

投稿日:2016年1月27日 更新日:

ロサンゼルスで免許を取得するのは日本と比較すると非常に簡単(^▽^)/
最短、2回DMV(Department of Motor Vehiclesの略称)と呼ばれる運転試験センターに行き、費用も4千円かかりません!

身分証明証(ID)の代わりにもなるし、留学したらぜひ取得しておきたいところですね。

ここではロサンゼルスでカリフォルニア州の運転免許を取得する方法をお伝えします。

2018年バージョンです。

カリフォルニア州の運転免許を取得するメリット

留学生がカリフォルニア州で免許を取ると、沢山のメリットがあります。下記にまとめてみました。

①身分証明書(ID)として使える
②講習を受ける必要がない
③費用が安い

身分証明書(ID)として使える

ロサンゼルスでは頻繁にIDを求められます。買い物でクレジットカードを使うとき、お酒を買うとき、お店の会員になるときなどなど。ほぼ毎日といっていいほどIDを見せていると思います。

こんな時に免許証を持っていればIDになるのでとても便利です。パスポートを持ち歩く必要はもうありません。

免許講習を受ける必要がない

驚くことにカリフォルニアでは事前に受ける講習や実車練習はありません。ぶっつけ本番で筆記、実技試験を受けパスすれば晴れて免許証がもらえます。こんな簡単でいいの??って思うほど。予約がうまくとれれば1か月以内で免許を取得するのも可能です!

免許取得費用が安い

なんと$35で免許がとれます!4千円もしないという超破格!!日本でも書き換えができるので、カリフォルニアで初めて免許をとる学生さんも多くいますよ(^^)/

カリフォルニア州の運転免許取得までの流れ

先ほど、講習や事前の実技練習がないと言いましたが、では免許取得までどのような流れになるのでしょうか?それは大きくわけてこの6行程。

    • 申請に必要な書類を準備
    • 筆記試験の予約を取る
    • DMVで筆記試験
    • 実車試験の予約を取る
    • DMVで実車試験
    • 合格証を受け取る

順番に各項目を説明してきます。

申請に必要なもの7つ

これが一番大変かも?といっても過言ではない書類集め。筆記試験を受けるには下記が必須となります。1つでも不備があると受験させてもらえないのでご注意!!

  1. パスポート
  2. 有効なビザ
  3. 入国証明書 I-94
  4. 入学許可証 I-20
  5. 試験費用 $35
  6. 自分の名前が入った現住所を証明する書類2通
  7. 予約表

I-94とは?

I-94とはアメリカへの出入国記録のことです。

I-94を忘れる人は本当に多いので、必ず持って行きましょう。I-94は以下のサイトにて入手できます。
I-94はこちら

必ずプリントアウトしなければダメです。スマホで見せても許してくれませんよ~。下記がI-94の見本です。

I-20とは?

I20は学校からもらった入学許可証ですね。下記のような写真のものです。

費用支払いの注意点

費用の支払いは【現金】【小切手】【マネーオーダー】【アメリカの銀行デビットカード】のみ。クレジットカードやキャッシュパスポートは使えないので注意しましょう。筆記試験は当日3回まで追加料金なしで受けることができますが、実技試験は落ちる度に$7別途徴収されます(>_<)

現住所を証明する必要書類の例

現住所を証明する書類2通を揃えるのが大変!

現住所が入っていいれば何でも良いというわけではありません…(>_<)決められたカテゴリーの中から当てはまる2つを選択し揃える必要があります。学生さんであれば比較的入手しやすいのが【在学証明書】【銀行残高証明書】【アパートの契約書】【公共料金の請求書】になります。これらの書類に記載されている名前と住所が必ず2通とも一致していることが条件なのでこちらもお忘れなく。

筆記試験:予約の取り方、受験方法

必要書類の準備ができれば、次は筆記試験の予約をWebsiteから取ります。1日中待つ覚悟があるなら予約なしで飛び込みで筆記試験を受けることができますが、本当にすごく並びますので事前予約することをお勧めします!

筆記試験予約の取り方

筆記試験予約はこちらから

上記のリンクからDMVのTOP画面に行きます。【Appointments】をクリック。

次に【Office Visit Appointment】をクリック。

受験したいDMVの場所を選びます。現住所から一番近いDMVに限らず、どこのオフィスでも受験ができるので、早めに予約の取れる場所を選ぶのも1つ。

✔印の部分をチェック。

必要事項を入力してContinue。そうすると最速で取れる日時が表示されるので予約をします。予約完了画面はプリントアウトをして当日持参してくださいね。

筆記試験、受験方法

日本語で試験を受けられるので、丸一日勉強すれば合格できるでしょう。今まで100人以上の筆記試験のお手伝いをしてきましたが、過去に不合格になったのは2人だけです。過去問題集はネット上でも拾うことができますよ。

筆記試験を受けるまでの流れ

IMG_2513

筆記試験を受けるまでに他に済ませるべき手続きがあるので、順番に説明していきます(^^)/

筆記試験の受付

予約時間の15分程度前にDMVに着いたら、Registration & Driver License Appointmentsと書かれた所に颯爽と並びに行きましょう。予約のある人とない人は別レーンで並びます。長蛇の列ができているのが大概予約なしの列になります。

大抵、愛想の良くない事務員さんが対応してくれます(笑)これがアメリカだと思って我慢、我慢…。『筆記試験を受けに来ました』と伝えて、必要書類を提出します。

申込み申請

書類提出が終わると、申請に必要な情報をオンラインで入力するよう伝えられます。この際も日本語を選択できるので特に問題はないかと思います。

申込書の入力が済んだら、さっき手伝ってくれた事務員さんの所に戻ります。このとき、わざわざまた並ばなくても大丈夫。おどおどせずに、割り込んで事務員さんの所に持って行きましょう。

整理券をもらうので、呼ばれるまでおとなしく椅子に座って待ちます。電光掲示板に自分の番号がついたら、指定された窓口へ行きます。

視力検査、支払い

名前を呼ばれたら費用$35を支払い、指紋を摂取されます。それが終わると目の検査です。

『Aの2行目を読んで』といったように指示されるので、その場所のアルファベットを全て読み上げます。

証明写真の撮影

視力検査が終わると、次は証明写真です。撮り直しなど殆ど無く、容赦無いのできちんと心の準備をしていきましょう。
緑の看板の前にたってパシャリとやります。そして、やっと、やっと筆記試験です。

筆記試験を受ける

申込み申請をした同じお部屋で筆記試験を受けます。オンラインですね。実技試験は大よそ30分くらいでしょうか。

筆記試験に合格したら?

IMG_251022

見事合格すると、こんな感じの紙っぺらがもらえます。これは仮免許みたいなものなの。カリフォルニアの運転免許を持ち、1年以上運転の経歴がある人を助手席に乗せれば、仮免許で路上の運転練習ができますよ。

左上にある、Yから始まる数字列が仮免許番号です。実技試験の予約をするときに必要な番号ですので、無くさないようにとっておきましょう。

ちなみに実技試験も筆記試験同様、オンラインで予約をとります。

練習を終えたら2回目のDMVへ行き実技試験です。これに合格すれば、晴れて免許取得となります!

ちなみにカリフォルニアの運転免許は18歳以上であれば取得可能ですよ。

まとめ

日本ではあんなにたいそうな作業だった免許取得。ここロサンゼルスでは簡単に取れます。

しかし、いくら筆記試験を日本語で受けれると言っても、手続き自体は英語。必要書類を集めるのも大変だったりします。

確実、最短で免許を取得したい方は弊社でもお手伝いをしていますのでお気軽にご相談下さい。

運転免許取得サポートのお申込み

【2018年10月3日更新】

Yosuke Aoyagi

ロサンゼルス滞在歴13年で、ロサンゼルス留学情報館の経営者。ほぼ毎週学校を周っています。 小学生の娘を20以上のサマーキャンプ、ウィンターキャンプに送っているので、お子さんにピッタリのキャンプ選びをお手伝いできます。 また娘は公立、私立、日本語補習校と3つの学校の経験もあるので、親の視点から見たベストの学校選びをお手伝いします。

-ロサンゼルスLAの生活基本情報

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2018 AllRights Reserved.