ロサンゼルス留学なら手数料無料の現地エージェント、1万人の実績

ロゴ

留学体験談

【ロサンゼルス留学体験談】海外に対する考え方や捉え方が大きく変わった

投稿日:


『留学生活は私の人生のターニングポイント。学生生活の中で自分の将来をしっかりと決めていきたい』
現在、アーバインにある語学学校、LASC(エルエーエスシー)に通うSaeさんに留学体験談を書いてもらいました!

自己紹介


20歳の大学生、Saeです。日本の大学に1年半通っていましたが、語学学校で数か月英語を学び秋学期からカレッジへの入学を決意しました。中学・高校の時にはバレーボール部に所属していて、今もスポーツを観たり、実際にプレーすることが好きです。

また、最近楽しんでいることはメジャーリーグ観戦です。日本人選手も多いので毎回ワクワクした気持ちで試合を見に行っています!

ロサンゼルス留学、一言でいうと?

学べることは英語だけではない!!

留学しようと思ったきっかけ

元々、留学とは全く縁がなかったのですが、高校時代の友達が1年間留学していたことから少しずつ興味を抱きはじめ、そこから自分の将来の夢が「英語に関わる仕事」に変わっていきました。

実際、私は大学在学中に留学に行けたらいいなと思っていたのですが、親に「アメリカに行くことになった」と言われ、これは何かの運命でありチャンスかもしれないと思い留学を決意しました。

ロサンゼルスを選んだ理由

私は海が大好きなので留学するなら島国か海岸沿いの国がいいと考えていました。

その中でもロサンゼルスを選んだ理由は、天候に恵まれているということと、日本人をはじめとした多くの国の人々が集まっていることもあり、英語だけではないものも学ぶことができそうだと思ったからです。

実際たくさんの国の人と交流することができ、日本にいる時とは違った日々を送っています。

留学前に感じていた不安

自分の英語力に関しては不安を抱いていました。中学高校時代、英語はむしろ苦手だったので自分のレベルは低かったかと思います。

また大学1年の夏に3週間程イギリスに短期留学していたのですが、その時は本当に最低限の英語しか話せませんでした。(簡単な自己紹介や基本的な会話ぐらいです。笑)

その期間中、聞くことはできるけど自分の言いたいことの5~6割ほどしか伝えることができなくて悔しい思いばかりでした。

留学に来てみて実際どうだったか

英語力に関しては何度かスランプに陥っていますが、来た時よりは少しだけ上達しているのではないかなと思っています。

例えば他国の留学生やネイティブスピーカーの人達と遊びに行った時に、もちろん日本語が話せない状況で流暢とは言えなかったけれども、自分が楽しんで会話をしていました。この時に英語が話せるようになってきたなぁと自分自身の中で実感がわきました。

また、海外の国に対する考え方や捉え方というのも大きく変化しました。実際に会って、話して、その国の文化を知ることで自分が知らなかったり、勘違いしていたことがたくさんあることに気づかされました

もっと色々な人に出会って、新たな発見をしていきたいなと思っています。

LASC(エルエーエスシー)の学校生活

最初は恥ずかしがり屋なところが隠し切れず、学校で会話するとしても先生や隣の席に座った子とだけでしたが、徐々に慣れていき、最終的には同じ日本人の友達や他の国の留学生と話したりして楽しい日々を送ることができました。

また、本当にいい先生方ばかりでLASC(エルエーエスシー)を選んで良かったなと思っています。

LASC(エルエーエスシー)学校詳細

 

ロサンゼルスでの一番の思い出

ロサンゼルでの一番の思い出は、私が20歳の誕生日を迎えた日のことです。

たまたま家族全員がアメリカに集結していたので夜ご飯を食べにレストランに入り、深い意味もなく父が「今日彼女の誕生日なんだ」と言ったところ、最後にデザートを頼もうと店員さんを呼んだタイミングで 3人の店員さんがパフェとバースデーソングを歌いながらお祝いしてくれました。

事前準備もない本物のサプライズを受けることができ、今までにない特別な経験となりました。さすが「なんでも楽しんで盛り上げる国アメリカだな~」と感じました!

こうすればよかったなーといった後悔していること

自分の英語に対する姿勢に関しては少し後悔していることがあります。それは日本語にどれだけ触れずに日々を過ごすかということです。やっぱり日本人なので日本の曲や日本のテレビ番組が恋しくなり、YouTubeで見たり聞いたりしていました。

しかしそうすることで英語の伸びが阻まれてしまっていたのではないかなと思っています。なので最近はひたすらNetflixを見て海外の映画や番組を見るようにしています。

今後どうなりたいか、留学をどう活かしたいか

今後の目標としては、英語を活かすだけではなく国際的な仕事にも少し興味が湧いてきたので、これからカレッジに通い、学生生活の中で自分の将来をしっかりと決めていけたらいいなと思っています。

今まで、そしてこれからの留学生活は私の人生のターニングポイントであると言えます。

留学を考えている人へ一言、またはアドバイス

もし少しでも留学に興味があり、周りからサポートしてもらえるなら迷わずに行動すべきだと私は思います。

また「英語を勉強したいというよりは海外で生活してみたい」というような理由でももちろんそれは立派な理由な1つです。

そしてよく耳にしますが、留学する時期や年には早い、遅いは本当に関係ないと思います。実際私の通っていた語学学校には高校生ぐらいの人から子供がいる大人の方まで幅広い世代が混在していました。

大切なのは留学したいという強い気持ちです!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「留学してみたい!」
「新しい自分を発見したい!」

どんなささいなご不安もご相談ください:)
経験豊富なスタッフがお答えします。

【2019年7月15日更新】

ShimoyamaAsako

大学卒業後、日本の金融系会社に12年勤務。営業・営業推進、および業務プロセス・人材育成プログラムの開発・推進や人材育成リーダー等、様々な業務を担当。自身のスキルアップのため、2年前に一念発起して会社を退職しロサンゼルスへ語学留学。 「社会人経験および社会人留学の経験を活かし、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです!」

-留学体験談

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2019 AllRights Reserved.