20代で新しいことにチャレンジするには最適なロサンゼルスLA 管理人 青柳陽輔

DSC09569

当ブログは、ロサンゼルスに会社を置く、ロサンゼルスインフォという会社の社長である青柳陽輔が書いております。ロサンゼルスインフォは、LA現地で留学生のサポートをしている会社です。基本的なサポート料金は無料で行なっており、一部は有料となっております。

ご相談やお問い合わせは、当ブログもしくはLINEにてお受けしております。ロサンゼルス現地からお返事をさせて頂くため、時差の都合で返信時間が日本と違ってしまうことをご了承ください。お会いしてカウンセリングやご相談などは、日本の東京都新宿区、もしくは大阪市北区にある弊社の支社で行なうことが可能です。

弊社の支社は、株式会社 留学情報館です。日本で私がお会いすることはできませんが、留学情報館のスタッフはロサンゼルスの弊社に在籍していた方が多いので、ご安心ください。

以下が主なサポート内容です。

  • 空港出迎え、お送り
  • 現地生活オリエンテーションの実施
  • 学校や職場、住まい周辺の案内
  •   バス停やその他周辺の案内

      滞在先入居時同伴

  • 銀行口座開設サポート
  • 携帯電話購入サポート
  • 生活用品の買い出し
  • 滞在期間中(最大1年間)、電話による生活サポート
  • 電話による24時間緊急サポート(駆けつけの場合、別途料金がかかる場合があります)
  • 学校が合わなかったときの転校サポート

ロサンゼルスインフォ 代表取締役社長CEO 青柳陽輔(アオヤギ ヨウスケ)
1980年7月21日生まれ
7歳上の韓国系アメリカ人の妻と、2007年に産まれた娘の3人暮らしです。2005年にロサンゼルスに移住後、気づいたら10年以上になりました。

こちらでは、小さい子供がいつも持っていると安心するものをセーフティブランケットと言います。これは、多くの子供がブランケットを持っていると安心することが語源とされています。

皆さんがロサンゼルスに来てチャレンジをしている時、このブログがセーフティブランケットのような存在になれればと思っています。

青柳陽輔の経歴

  • 1980年7月 誕生
  • 1984年4月
    藤ヶ丘幼稚園入学 悪ガキで喧嘩ばかりしているので先生からこっぴどく怒られる
  • 1987年4月 千葉市立桜木小学校入学
  • 1993年4月 千葉市立加曽利中学校入学
  • 1996年4月 千葉県立千葉南高等学校入学
  • 1999年4月 東京農業大学の国際食料情報学部に入学
  • 1999年 地方で農業実習
    授業にはほとんど参加せず、鹿児島や岩手で農業実習をひたすらする
  • 2000年3月 ブルキナファソにて1ヶ月間のボランティア活動
  • 2002年 大学を休学してザンビアにて1年間のボランティア活動
  • 2004年3月 卒業論文で拓友会賞を受賞
  • 2004年6月 ロサンゼルスへ渡る
    観光ビザで出入りしながらオーガニックファームで働く
  • 2005年10月 結婚 移住
  • 2006年10月 ロサンゼルスにてカフェテリアの経営開始
  • 2011年10月 ロサンゼルスインフォの代表取締役社長に就任

このブログは誰に向けて書いているのか

これからロサンゼルスに来る、もしくはロサンゼルスに来たばかりの日本人です。

ロサンゼルスインフォから受け取ってほしいこと

まずは自分でチャレンジしてみること。

あんたの人生それでいいの? 休学し、農業ボランティアに夢中だった学生時代

小さいころに、アフリカの子供たちが飢餓で苦しんでいる姿をTVで見て「私がなんとかしなければ!」と思いたったことから始まります。そして中学生の英語の授業中に青年海外協力隊があることを知り、これに行くために私の人生があるのだ!と思い込んじゃいました。

高校の時、アフリカの人は食べ物の作り方を知らないから飢餓に陥ってるに違いないと、甚だしい勘違いを文献で調べずもせずに信じこみ作り方を教えられる人物になるべく東京農業大学へ進学しました。

1999年 19歳 春の農業合宿でロン毛だったので農家の方に髪切られた

2016-02-08-003

意気揚々と東京農業大学の国際食料情報学部に入学し、真面目な高校生活を送っていた反動で、ロン毛にツイストというめっちゃ浮かれた髪型にしていました。

アジア・アフリカ研究会という、いかにも真面目くさったサークルに所属していた私は当時一人だけロン毛ツイストでした。

そのサークルは春・夏と必ず農業合宿に行くのですが、春の農業合宿では過去にこんな馬鹿げた髪型をしている学生はおらず、目立っているのは確かでした。

ただ、見た目とは違い農作業はしっかりやっていたので農家の方には認められはしましたが、次回も来るならちゃんと反省しろ!というなんとも論理的ではない言葉に言いくるめられ、坊主にすることに。

お酒の席であったにせよ、約束は約束。後日皆の前で丸坊主にされました。その農家の方は、今でもお父さんと呼び親しくしていますw

1999年 19歳 夏の河原で友人と。
2016-02-08-002

2000年 20歳 なすびと呼ばれていた頃。
2016-02-08-004

そろそろ金髪も飽きたので、ひげでも伸ばしてみようと思ってひげを生やすことに。でも、手入れとか面倒くさかったんで、放ったらかしに。そしたら微妙にツイストが取れボサボサの髪の毛と無精髭が相まって、なすびそっくりじゃん!と皆から呼ばれていました。

2000年 20歳 ブルキナファソにて 乾燥うんこをのせてハッピー

2016-02-08-006

大学1年生の時に右も左も分からないまま、とりあえず先輩についていくかんじでブルキナファソに1ヶ月滞在したのが初の海外経験です。その時は知識も経験ももちろんないので、ブルキナファソで国際協力に携わっている方たちを尋ねるというのがメインでした。

2000年 20歳 アエロフロートで初めてのパリ

2016-02-08-005

初海外!アジア・アフリカ研究会の4人でブルキナファソに行く前に通過点として寄ったパリが初めての海外です。

とにかく安くブルキナファソへ行くため、アエロフロートでパリに。初の海外行き飛行機だったので、興奮がまさりアエロフロートの評判の悪さは全く気になりませんでした。

パリでは2日間滞在したのですが、フランス人に英語で話すとフランス語が、フランス語で話すと英語が返ってくるのが驚きました。フランス人は英語が世界の共通語ということが嫌いらしく、英語で話しかけるとフランス語で返ってきます。

でも、たどたどしいフランス語で道を聞いて、わからん!という顔をしていると英語で教えてくれます。この時、相手の文化・言葉を尊重することの大切さを身をもって体験しました。

2001年 21歳 参加者が多かった東京農大の収穫祭

2016-02-08-007a

東京農大の最大のイベント、収穫祭! 私がいた頃は、早稲田大学に次いで2番めに参加者が多かった学園祭だったはずです(贔屓目で見てるw)。

アジア・アフリカ研究会の文化展示として、「アフリカにおける問題点とその解決策」というテーマで発表。銀賞を受賞しました!11月に収穫祭があるのですが、10月からこの発表に向けてほぼ毎日学校に泊まりこんでいました。

収穫祭の直前に、経堂で神輿を担いで練り歩くのですが、その時に少しでも目立つように網の目の髪型?にしました。写真にはないですが、全身金色に塗りたくって歩いたこともあります。

2002年 22歳 ザンビアの農業学校卒業式

2016-02-08-008

大学3年生の後期、皆が就職してるからやらなきゃなぁという、しょぼい思いで就活しました。第一印象が良いせいか、受けたほとんどの会社で最終面談まで行くことができました。

母親の「あんたの人生それでいいの?やりたいことやらなくて、就職でいいの?」という一言にガツンと触発され、休学申込期限3日前に休学を決断しました。

休学を決断するものの、アフリカで受け入れてくれる団体がなかなか見つからず、3ヶ月を無駄に過ごししました。「え?休学してるのになんで学校にいるの?」という視線が辛かったです。

なんとか先輩のツテで(農大の縦のつながりは本当にすごいんです!)ザンビアへ行くことが決まり復学後もザンビアへ戻ってプロジェクトをしていたので、足掛け2年はザンビアへいました。

2003年 23歳 ザンビアの孤児院にて。
2016-02-08-010

改めて、ブルキナファソにボランティアへ行ったきっかけ、私のヴィジョン、想いなどを書きました。
5歳の時に父を亡くした経験と想いが、いまの自分を支えてくれている。
http://www.los-info.com/post-1332

2004年 24歳 卒業論文で拓友会賞を受賞

チャラチャラしていた時期もありましたが、アフリカのザンビアで1年間ほど生活した経験を活かし、東京農業大学の卒業論文で拓友会賞を受賞しました。その時の論文をブログに全文掲載しました。

難しい言葉が多いですが、海外の農業や食料事情、ファームステイに興味があり、これから渡航しようとしている方は参考にして頂けたらと思います。

拓友会賞を受賞した卒業論文はこちら
image037
途上国で国際協力活動をするに当り、参加型開発は正しいのか。東京農業大学の国際食料情報学部に在籍中、アフリカのザンビアへ行ってみた。

文化の違いに戸惑うことも多かった 青柳がロサンゼルスに来たきっかけ

私は農業指導員的なことをやっていたのですが、同じ団体で医療班にいたのが現在の妻です。ザンビアから帰国しても交際は続き、結婚を前提でロサンゼルスに来ることになりました。

2010年 30歳 ホノルルにて妻と子ども一緒に。
2016-02-08-014

ぶっちゃけ、ロサンゼルスに来る気など毛頭ありませんでした。むしろアンチでした。でも結婚した相手がロサンゼルス在住なんで、まぁいいかというつもりで来ただけだったのですが、もうロサンゼルス以外で生活するなんて考えられません!

結婚する前後の2年間はTemeculaという場所でオーガニックファームで働いていました。Temeculaは当時アジア人も少なく日本人なんて数ヶ月に1回、マーケットで会えれば奇跡!喜々として話しかけるというような感じでした。

この時期はまだまだ英語も話せるわけでもなく文化の違いに戸惑うことも多かったので、誰か助けてくれる人がいれば!と強く思い始めました。

義父母が経営していたカフェを、義母が骨折をしたのをきっかけに手伝いはじめ、そのままカフェの経営を手伝うようになりました。最初の数年はとても新鮮で学ぶことが多かったので楽しくやっていたのですが、「あまり人の役に立っていない」という思いがつのり、経営にやる気がなくなってきました。

2009年 29歳 経営していたカフェにて。
2016-02-08-013

その頃から利益も落ち始め、さらにリーマン・ショックの影響もあり、売上は勢いが良かった頃と比べて1/4くらいになっていました。「英語もある程度できるようになったし、なにか日本人の人に役に立つことできないかなぁ」と思い始めました。

1年近くは悶々と思い悩んでいました。うちのカフェには一年に数人しか日本人が来ないというロケーションだったのですが、WBCの直後でたまたま私がJapanというキャップをかぶっていた時に、たまたま当時のロサンゼルスインフォのスタッフが カフェを見つけてくれたという経緯で、ロサンゼルスインフォと出会うことになります。
DSC09626

本当に奇跡です。そして見つけてくれたロサンゼルスインフォのスタッフが日本へ帰るので、スタッフ募集中との事だったので「やっと日本人の役に立つことができる!」と、カフェの経営をしながらバイトとしてロサンゼルスインフォで働くことになりました。

新しいことにチャレンジするには最適なロサンゼルス

ロサンゼルスを体験する一つの醍醐味は、いろいろな人種の人がいて、みんな他人種を受け入れているということです。いろんな人が、いろいろな英語を使っています。「ここ、本当にアメリカだよな?」と思うことがしばしばです。

そのくらい色々な完璧でない英語が日常的にあふれています。でも、それでいいのです。私も完璧な英語をしゃべるということはすでに目標にしていません。だって、完璧な英語が喋れなくても、日常生活にも困らないし、ビジネスだってできるし、他の人と人間関係が作れるのですから。

そりゃ12年いればそこそこ英語は喋れますよ。でも、だからといってビジネスができるわけでもないし、アメリカ人の友人ができるわけではないです。それにチャレンジするかどうか、です。そういう意味でも、このロサンゼルスという場所はうってつけです。チャレンジしている人が多いです。

2013年 33歳 オフィスにて。
2016-02-08-015

母国をあとにしてロサンゼルスにいるんですもん、これがすでに大きなチャレンジですよね。だから、その空気を感じるためにもぜひ、できたら若いうちにロサンゼルスに来てもらいたいんです!これを感じるにはやはり数週間はロサンゼルスにいてもらいたいですね。

そして、どうせならただの観光ではなく、自分を磨くために学校にも行ってもらいたいというのが本音です。

正直に言うと、私はロサンゼルスに来た段階で語学学校に通っていなかったので、語学学校に通っておけばよかったという想いが強いです。ロサンゼルスに来て5年目、娘が生まれる少し前にコミュニティカレッジのESL(English as Second Language)に通ったくらいです。

皆さんにはぜひそんな遠回りをせずに、基礎からしっかり勉強してもらえたらと思っています。

ロサンゼルスへの留学、転校を始め、現地の情報やブログに関してなにかございましたら、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
お問い合わせ・ご相談はこちら


2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校ランキング

高校1年生になって、ロサンゼルスへLA留学したい。でも初めての海外で危険な目に合うかもしれないから怖い。親御さんであれば、娘さんや息子さんを留学させたいけど、危ない目に合わないか心配、そんな意見をよく聞きます。

ロサンゼルスに住んで12年、ロサンゼルスのLA留学をサポートして6年になる私が、一般的にロサンゼルスと言われている範囲内で、治安が良い地域をランキングにしました。治安が良い地域に属する語学学校も一緒に載せてあります。

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校 オススメ比較ランキング

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

ピックアップ記事

  1. dKVtcbrC1praZsw1499895868_1499896058
  2. 2016-07-13_105234a
  3. mYSI5OYrQuD7P7m1486659371_1486659502
  4. 11IMG_2443
  5. hm-2015-10-05-005

管理人 青柳陽輔

ロサンゼルスインフォ
代表取締役社長 青柳陽輔
1980年7月21日生まれ

学生時代はブルキナファソ、ザンビアとボランティア活動に夢中でした。
2005年に結婚を機にロサンゼルスへ移住し、カフェの経営経験をもとに、現在は留学を通して、日本人のサポートをしています。

詳細プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る