ロサンゼルスLAの基本情報

ロサンゼルスLAは88の市が集まってできている。ロサンゼルスLAの歴史

投稿日:2014年2月7日 更新日:

16世紀の中ごろ、スペインの探検隊がこの地に来たのが ロサンゼルスのはじまりと言われています。そしてこのエリアに人が住み始めたのは1781年9月4日。今のダウンタウン・エリアに44人の移住者が来たのが始まりで、 そのうち2人はスペイン人、残りはネイティブアメリカン、黒人、そしてメキシコ人の混血であるメスティソだったといいます。

正式にアメリカに市として認定されたのは今から180年前の1835年。現在では、ロサンゼルス群に88の市が集まってできています。88の市の中には人口が100人に満たないバーノン市のような小さな市から、 380万人を超える大都市ロサンゼルスまで。

ちなみに日本で最少の市でも5,941人(北海道の歌志内市、2000年国勢調査)の人口がいるといいますので、いかに小さい市かがわかるでしょう。

yosuke

ロサンゼルス滞在歴13年で、ロサンゼルス留学情報館の経営者。ほぼ毎週学校を周っています。 小学生の娘を20以上のサマーキャンプ、ウィンターキャンプに送っているので、お子さんにピッタリのキャンプ選びをお手伝いできます。 また娘は公立、私立、日本語補習校と3つの学校の経験もあるので、親の視点から見たベストの学校選びをお手伝いします。

-ロサンゼルスLAの基本情報

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2017 AllRights Reserved.