おすすめ ロサンゼルスLAの基本情報

ロサンゼルスでホームステイするメリットは?滞在費用を比較してみた

投稿日:2017年10月27日 更新日:

ロサンゼルスに留学すると、必ず出てくるのがどの学校にするのかということと、滞在先をどうするかということです。今回は、この滞在先について見ていこうと思います。

ロサンゼルスでの滞在先として渡米前から選ぶのはホームステイ・学校の寮・短期アパートで、すでにアメリカに住んでいる人ならここにルームシェアという選択肢が入ってきます。

本題の前になぜ、渡米前だとルームシェアという選択肢がないのかというと、まずルームシェアは基本的にインターネットのサイトで個人的に探していきますので、日本のように不動産屋さんを使う習慣がなく個人間契約となるのが主流です。

個人間でのやりとりになるからこそ、ルームメイトとなる人も事前にシェア相手と実際に会ってみたい、というのがあるし、こちら側としてもネットで見た写真と違わないかなど確認した方がいいので、渡米前にルームシェアを探すのはかなり難しいと言えます。

また、ルームシェアは一番詐欺に会いやすいです。実際に会う前に費用を請求するところはほぼ間違いなく詐欺ですので、気をつけましょう。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
ロサンゼルスオフィスのスタッフも対応可能です。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

ホームステイ、寮、短期アパートのどれを選べばいい?

1.英語を話す機会を増やしたい、異文化交流がしたいならホームステイ
2.学生ノリのわいわいした雰囲気が好きなら学生寮
3.とにかくプライベートな時間を最優先したいなら短期アパート

1.英語を話す機会を増やしたい、異文化交流がしたいならホームステイ


ホームステイの醍醐味といえば、実際にファミリーの一員として家族と一緒に生活をすることでしょう。夕食を一緒に食べたり、お子さんのいるファミリーだとスピーキング力を上げる良い機会にもなります。

またサンクスギビングやクリスマス時期になると家族の行事ごとに呼んでもらえることもあるので、アメリカの文化に触れることも期待できますよ。

食事がついてくることがほとんどなので、一人部屋として比べると学生寮や短期アパートよりも安くなるところも魅力的ですね。

2.学生ノリのわいわいした雰囲気が好きなら学生寮


ホームステイのように家族の中で生活するのではなく、生徒同士でワイワイ暮らしたいという人には寮がオススメですね。

ただ洗濯はもちろんのこと食事の用意も全て1人でやらないといけないので、わりと自分で何でもできる人なら問題ないかと思いますが、あまり自信がなければ向いていないかもしれませんね。

ちなみに滞在している生徒がほぼ日本人のみという寮もありますので、必ずしも日本人以外の生徒がいるとは限りません。

また、夏の時期になるとパーティー好きのヨーロッパ人が大滞在するので、パーティー好きの方にはもってこいですが、静かに勉強をしたい人は寮はやめてておいたほうが賢明です。

3.とにかくプライベートな時間を最優先したいなら短期アパート


いわゆるAir bnbのような家具付きの旅行者向けアパートです。自分で好きなエリアを選べるし完全に自分の時間を好きに使いたい人にはコレ!

ただ基本的に費用はお高めなので費用のことを気にしないのであれば…といったところ。また、自分で手配をするときは英語でのやり取りになるのでちょっと大変かもしれませんね。

各滞在先のメリット、デメリット

1.ホームステイのメリット・デメリット

メリット⇒英語を話す機会が増える・異文化に触れることができる・食事つきだから食費がかからない・アメリカにもう1つのファミリーができる

デメリット⇒家族の一員として暮らすので、帰りが遅くなるときや食事が不要なときはホストに連絡を入れないといけないなど、多少のハウスルールがある

2.寮のメリット・デメリット

メリット⇒友だちとワイワイ楽しく生活ができる・食事の時間など気にせず自分の好きなように生活ができる

デメリット⇒食事、洗濯は自分でする・1つの部屋を何人かでシェアするタイプが多いのでプライベートな時間が持ちづらい

3.短期アパートのメリット・デメリット

メリット⇒完全に自分のリズムで何でもできる

デメリット⇒費用が高い・自ら積極的に行動しないと英語を話す機会が少なくなる

ホームステイ、寮、短期アパートの費用の比較


では実際それぞれのタイプの費用の相場はいくらなのか比較してみましょう

1.ホームステイの費用

サンタモニカやウエストウッドにある人気語学学校のホームステイ4週間の費用で比べてみます。

EC 1,300ドル
ELS 1,200ドル
CEL 1,300ドル
ELC 1,300ドル
Kaplan 1,220ドル
MLI 1,304ドル

どの学校も大体がサンタモニカ、カルバーシティ―、ウエストロサンゼルスのホストファミリーと提携しているので、滞在エリアに大差はありません。

比較すると4週間で1300ドルが相場ですね。基本的に朝、夕食がついています。お部屋はプライベートでバスルームがシェアかプライベートかはお宅によりますがシェアが一般的です。

2.寮の費用

こちらもホームステイ同様4週間費用となり、だいたいが学校よりバスで30分から1時間以内で行ける場所になります。

EC 1,420ドル(2人部屋)
ELS 1,160ドル
CEL 1,060ドル(4人部屋)
ELC 1,700ドル(2人部屋)
Kaplan 1,700ドル(2人部屋)
MLI 760ドル(4人部屋)

費用にかなり差があるので比べにくいですが、1部屋を2から4人でシェアするところが主なので、プライベート部屋で食事つきのホームステイと比べると殆どの場合が割高になります。

3.短期アパートの費用

場所にもよりますが1日100ドルくらいはします。たとえば1日100ドルとすると4週間で2,800ドルとかなり高額になるのでこれを選ぶ留学生はほぼいません。

まとめ

タイプ別、それぞれの費用を比べてみましたが、なるべく費用を抑えながらも、英語に触れる機会を増やしたいのであればホームステイがお得だと思います。

ただ人気のホストさんは早くに予約が埋まってしまうので、いいファミリーに出会う為にもなるべく早めにお申込みをすることをオススメします。

どこのホストファミリーも2ヶ月先まで埋まっていることが多いので、2ヶ月以上前からお申込しておくのが良いのではないでしょうか。

yosuke

ロサンゼルス滞在歴13年で、ロサンゼルス留学情報館の経営者。ほぼ毎週学校を周っています。 小学生の娘を20以上のサマーキャンプ、ウィンターキャンプに送っているので、お子さんにピッタリのキャンプ選びをお手伝いできます。 また娘は公立、私立、日本語補習校と3つの学校の経験もあるので、親の視点から見たベストの学校選びをお手伝いします。

-おすすめ, ロサンゼルスLAの基本情報

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2017 AllRights Reserved.