ロサンゼルスLAに住みたい ロサンゼルスLAの基本情報 ロサンゼルスLAの節約情報 ロサンゼルスLA語学学校の選び方

ロサンゼルス在住者が留学の裏情報を伝えに戻ります!【限定20名】

投稿日:2016年11月6日 更新日:

緊急のお知らせです。11月27日(日曜日)に東京でロサンゼルス留学に関する説明会をすることになりました。

参加をすることで、最低でも以下のことが分かります。

  • 100万円留学費用を抑える方法が知れる
  • 現地人しか知らない、語学学校の裏情報が聞ける
  • ビザに却下される確率を下げる方法が知れる
  • 結果として、留学前にしておくべきことが明確になる

その他、ロサンゼルスに留学しようとしている人、アメリカに留学しようとしている人は絶対に知っておくべき現地情報をお届けします。

この回、私が帰国するときにしかできません。留学を考えている方はこの機会にぜひ来て下さい。

良くあるロサンゼルス留学の失敗例

現地の留学生に学校や生活について聞いていると、良くある後悔は大体以下に集約されます。毎月お客様を呼んでピザパーティーと言うのをやっているのですが、アンケートの結果を見ても同様です。

  • 学校に行ってみたら日本人だらけだった
  • 遊学生ばかりだった。費用が安いだけで選んだら、、、
  • もっと会話を重点に勉強がしたかったのに・・・
  • 不便。バスで学校に通えると思ったら、1時間に2本しか無い
  • 治安が悪い。1人では歩けない
  • ホームステイが合わない!家族と一緒に食事ができなかった

いろいろな失敗談がありますが、しかし!これらは知っていれば防げる失敗です

クラスの半分以上が日本人!?

学校選びの失敗で一番よく聞くのは、実際に学校へ行ってみたら日本人がとても多かったということです。多いところだとクラスの半分以上が日本人ということもありえます。

英語の勉強は自分次第。日本語で話しかけられても英語で返せばいいんだ、なーんて思っていませんか?少なくとも自分はそう思っていました(笑

でも、人間そんなに強くない。環境には流されやすいもの。学校でも授業以外は日本語で、放課後も日本語が楽だから日本人と一緒につるんで遊びに行って・・・なんてことをしていると、3年経っても英語は全然ダメ…なんて人もたくさんいます。

正直、学校の状態はただパンフレットを見るだけで「真相」は分かりません。パンフレット上では日本人比率が10%と低めの数字が記載されていても、実は残りの90%は韓国人だった…全然イメージと違うじゃん!ということが起こりえます。

でもこれらの問題は防げます。こういうマイナス情報は学校側はあえて公開していませんが、実際に行ってみた事がある人に聞き、単純にそのような学校には行かなければ良いのです。そのためには情報が必要です。

学校選びに失敗するとどうなるの?

学校選びに失敗すると大きな損失が伴います。それは語学学校に支払った費用と、それに伴う時間です。
費用については途中で転校すれば全額とは言いませんが返ってきますが、時間は当然返ってきません。留学は一生に何度も出来ることではないもの。情報は集めるだけ集めて間違えのない学校選びをして欲しいのです。

どんな事をお話しするか、出来るだけ最新の情報をお届けしたいので、全部は今決めれませんが、その一部を紹介していきます。

4月23日奨学金セミナー

1)語学学校の見分け方について

まずは学校の見極め方について。ロサンゼルスには語学学校が60校あると言われていますが、どこもが良い学校な訳ではありません。前述したように日本人ばかりの学校だったり、治安や立地が悪い学校もたくさんあります。

例えばこれ!以下の写真はコリアタウンの写真です。

ロサンゼルスのコリアタウン

名前の通り韓国人街です。ロサンゼルスのダウンタウン側にあります。

実はここにはたくさんの語学学校があります。どこも相場と比較して安い。多くの韓国人が住むエリアだからです。長く住みついている方々がコミニティーを形成しています。

安い授業料なのは有り難いのですが、多少治安面で不安があったり、やはり学校には韓国人が多く人種のバラつきにおいてはやはり大手の語学学校には叶いません。

しかし!これらの学校は自分たちの場所がコリアタウンにある事は公開していません。パンフレットにはダウンタウン校とかロサンゼルス校とか書いてあるでしょう。日本で言えば大久保や鶴橋にある学校が新宿校、大阪校と言っているイメージです。

理由は当然そっちの方がイメージが良いからです。でも、驚きですよね。普通ならロサンゼルス校と言えば、このようなアジア人街をイメージしないでしょう僕からすれば詐欺に近い(笑

語学学校の違い

また、上記の写真はロサンゼルスの語学学校を価格順に並べたものです。 そうするとある傾向が見えてきます。高い学校にはあって、安い学校にはないものがあるのです。アメリカは現金な国。授業料が安いのは有り難い限りですが、安い学校には安い理由があったりします。

皆さんがホームページやパンフレットから入手出来ているのはあくまでも学校が作ったイメージです。そこで分かることは本当にごく一部だと思っていた方が懸命です。

また、プロの留学エージェントでも恐らくそうです。恐らくその学校には行ったことがない中で紹介しています。ほぼアメリカの語学学校が日本に営業に来る際に持ち込まれるパンフレットや情報を皆さんに伝えているだけだけではないでしょうか?

私たちの仕事は現地で留学生をサポートすることです。つまりロサンゼルス中の学校を毎日のようにまわっています。学校に行けばお客様がいて、学校の様子がどんな感じなのかを耳にしています。

だからこそ学校の実態がお伝え出来ます。ここでは価格の違いがどんな質に影響をするのか、学校の見分け方についてお話しします。これらを知って学校選びをするのと知らないでするのとでは結果が全然変わってくると思います。

2)留学費用を節約する方法ついて

費用についてもお話します。ロサンゼルスに留学するには結構な費用がかかります。1ヶ月ならば35万円から1年ならば300万円程度の費用はかかってくることでしょう。

★DSC00656

まずは 何にどれぐらいの費用がかかるかを理解し、どこを抑えればどれぐらい安く留学できるかをイメージしていきます。

ロサンゼルスへの留学、合計していくと結構な金額です。しかし、年間で100万円はセーブ出来ます。現地に住んでいるからこと知っているような方法やお店、ネットワークを駆使して留学費用を下げていきます!

キャプチャ2

滞在費はこうやって、通信代はこうやって、学費はこうやって、、、、、

と言った感じで費用の抑え方を伝授していきます。何を抑えて何にお金をかけるか、それはあなた次第ですが、少なくとも費用を抑えるノウハウは入手出来ます。

レンタカーの例

話す節約術の一部をお話します。例えばレンタカー。やはり車があると便利なので、借りる方も多いです。

しかし、普通にネットとかで探すとなると大手レンタカー屋のBudgetやAvis、日系ならばSakuraレンタカーなどを使う方が多いです。これら大手レンタカーの費用は1ヶ月で保険などの別途費用を除くと1,000ドルはします。

しかし!ロサンゼルスは車社会ですから、中古車の個人売買やレンタカーもかなり頻繁に行われています。日本とは文化が違います。

cardealer

中にはホームページも持たないような車屋が、売れ残っている車をレンタカーとして貸し出してたりします。価格は約半分。600ドル程度でいけたりします。

携帯もそうだし、滞在先もそう、食材の買う場所もそう。旅行者よりも現地に住んでいる人の方が知っている分だけ賢い買い物をしているんですよね。

もちろん留学して生活していけば、あなたにも良く行く店や安い店は分かるようになるわけですが、はじめはそれを知らないはず。結果として無駄な出費になってしまうのです。

そんな情報を日本にいるうちから入手していただきます。

賢い留学費用の節約方法をもって返ってください。

3)学生ビザを却下される確率を下げる方法について

また、ビザについても詳しくお話しします。

最近は学生ビザに却下されるケースも増えています。ひょっとするとトランプさんがもっと厳しくしてくるかも知れません。だからこそ、ビザについての知識も大事になってきます。

shutterstock_101132716_R

言うまでもないですがビザは落ちると大変です。 7年間は記録が残ると言われており、一度落ちると旅行ででもアメリカに入国しにくくなります。

かくいう私も、学校から入学許可証であるI20をもらったものの、ビザの面接で落とされてしまったことがあります。その当時はESTAという制度が無かったので、ビザ無しで観光者として入国し、学生としてではなく観光者のおケイコとしてその学校へ行かざるを得なくなりました。却下されると以降アメリカに入国しづらくなるので、ビザ申請はかなり注意してやるべきです。

説明会ではビザに却下される8つの共通事例をを紹介し、どのような人が却下されてしまうのか、また最長期間である5年間のビザを取得するには何が必要なのかを説明していきます。

時間とお金を台無しにしないためには情報収集が不可欠

さて、当日お話する内容の一部をお伝えしてきましたが、これらは現地で留学生から実際に相談を受けたことをもとに作っています。もちろん、このブログでも日々出来る限るの情報は出しているつもりです。

しかし、ブログだけでは伝えられない裏情報も、学校の手前WEB上には上げられないようなこともたくさんあるのです。だからこそ、せっかく日本への帰国を機に出来るだけ生の実態をお伝えすげく、日本で説明会を実施することにしたのです。

150823_5image

実は過去にも日本では説明会をやって来ました。2007年~2010年ぐらいまでですかね。以下の写真は一緒に事業をやっている日本の責任者、大塚が話している様子です。彼と私はロサンゼルスの現状を伝えるべく、ずっと説明会を一緒にやってきました。

しかし最近、日本にサポート拠点を作ってからは日本のスタッフに任せきり(笑。この様な説明会はしばらく開催していませんでした。でも、現地にいないと分からない情報もたくさんあります。せっかく自分が帰国する訳ですから、これを機にまたやりましょうという流れになったのです。

料金は今回は無料です。以前は料金を頂戴していたのですが、今回は私の都合で日本に行くので結構です。

なぜ無料でやるのか?答えは簡単です。
これから留学される方に、失敗してほしくないからです。失敗してしまった方が共通して言うのが、もっと調べておけば良かった!です。だからあなたにはそのような失敗をして欲しくないのです。

私の仕事、私のミッションは日本とここロサンゼルスの架け橋となること。一人でも多くの方が失敗ない留学生活を実現してもらいたいと思っています。

※たた、話を聞いて良いと思ったら私たちの事をぜひ皆さんのお友達にもご紹介下さいね(^o^)

説明会日時

日にち:2016/11/27(日) 
時間:午後3時00分- 4時30分
会場:新宿AP会議室
住所:東京都新宿区西新宿7−2−4 新宿喜楓ビル5F・4F

※限定20名です。間違いなく満席になりますので、お早めにお申込み下さい。

【アクセス:】
1.まずは新宿西口駅を目指してください。※新宿、西武新宿からでも徒歩圏内です。
2.小滝橋通りを北へ直進していただき、(西口を出たら駅を背に右へ進みます。) "新宿大ガード西"の交差点を渡り、右手にセイジョードラッグ(ドラッグストア)が1Fにあるビルです。

お申込みは以下よりどうぞ!

yosuke

ロサンゼルス滞在歴13年で、ロサンゼルス留学情報館の経営者。ほぼ毎週学校を周っています。 小学生の娘を20以上のサマーキャンプ、ウィンターキャンプに送っているので、お子さんにピッタリのキャンプ選びをお手伝いできます。 また娘は公立、私立、日本語補習校と3つの学校の経験もあるので、親の視点から見たベストの学校選びをお手伝いします。

-ロサンゼルスLAに住みたい, ロサンゼルスLAの基本情報, ロサンゼルスLAの節約情報, ロサンゼルスLA語学学校の選び方
-, , ,

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2017 AllRights Reserved.