【永久保存版】 ホストファミリーから直々に聞き出した!ロサンゼルスLAのホームステイに持っていくと喜ばれるお土産ベスト5 

4IkPySUA318CXL61475641957_1475642122

ホームステイの紹介をしているとよく聞かれるのが「どんなお土産を持っていけばいいですか?」と言うことです。正直アメリカではそんなにお土産を持っていくという文化はありません。

誕生日や結婚記念日、バレンタインなどの行事でプレゼントをもらうことはありますが、12年以上ロサンゼルスに住んでいて海外旅行のお土産だよーと言って、友達からお土産をもらうことはまずほとんどありません。

どうやらお土産は日本や韓国などアジア圏特有のもののようです。ロサンゼルスでは、何かしてもらった時にポストカードを送ることが多いので、お土産もいいですが滞在後にポストカードを送ると喜ばれると思います。

とは言え、やっぱりお土産を持っていきたいと思うのが日本人ですよね。今回はロサンゼルスで留学生を受け入れているホームステイで評判の良かったおみやげを実際に50軒近くのホストファミリーから聞いたのでランキングにしてみました。

ホストファミリーがもらって嬉しいお土産 ベスト5

第5位 子供のおもちゃや文房具

IMG_0906

家族に小さな子供がいる家でホームステイをする場合、4歳以下のお子さんにはおもちゃを、5歳以上のお子さんには文房具を持っていくと喜ばれます。

なぜ5歳以上には文房具かというと、5歳からキンダーガーテンという義務教育が始まるからです。4歳以下のお子さんは幼稚園で勉強することもありますが、まだ本格的ではないのでおもちゃがいいでしょう。

おもちゃでも喜ばれるのは、だるま落としやけん玉などです。けん玉は一時期流行っていたのでロサンゼルスのお店で買うこともできますが、日本で買ってくると柄がこちらでは見つからないものなのでいいです。

また、けん玉自体も日本で買ったほうがとても長持ちします。ロサンゼルスで買ったけん玉は、安かったというのもあるとは思いますが2ヶ月程度で壊れてしまいました・・・

文房具は何と言っても消しゴムです。日本の消しゴムは消え方がとてもいいです。匂いつきというのもいいかもしれないですね。可愛い柄やロボット的な格好いい柄の鉛筆もいいでしょう。

ちなみに、ロサンゼルスではあまり鉛筆のキャップを使うことがないので、持っていってもあまり喜ばれないと思います。また、ハローキティー関係の文房具はこちらでありふれているので、これも持ってこないほうがいいと思います。

私の娘は、書いても見えないペンで、ペンについているライトを当てると字が見えると言うものをもらって大喜びしていました。

第4位 キッチン用品

IMG_0902

日本っぽいもの、例えばさくらや金魚、寿司などの柄が入ったものが喜ばれるようです。キッチン用品も色々ありますが、鍋敷き、鍋つかみ、お玉置き、エプロン、コースターなどがいいと思います。

キッチン用品とは少し違いますが、日本風の調味料、例えばゆかりとか抹茶塩などを持ってきてもあまり使われることは無いのでこれはやめておいたほうがいいでしょう。

第3位 緑茶や紅茶のティーバッグ

IMG_0901

ロサンゼルスのスターバックスでは温かい緑茶、冷たい緑茶と一般的に飲まれています。正直、これ緑茶?という質ですが、それでも認知度はかなり高いです。

またこちらでお茶を飲む場合、ほとんどがティーバッグを使います。できる限りお茶っ葉そのものを持ってこないようにしましょう。

第2位 マグカップ

IMG_0897

ロサンゼルスの家庭では、マグカップを飾っておくこともよくあります。キッチン用品では日本っぽい柄のものと書きましたが、マグカップは安っぽい日本柄がプリントされているものより、〇〇焼といったような渋めのマグカップに人気があります。

マグカップ自体高いものでなくてもいいですが、写真のような〇〇焼きっぽい印象のあるものがいいようです。

第1位 キャンディー・お菓子

IMG_0899

お土産人気第1位は、キャンディー・お菓子です。キャンディーは家にちょっとしたお客さんが来たときにも出せますし、キャンディーの袋が可愛いものであれば置いてあるだけでも気分が良くなります。

キャンディーにはいろいろな種類がありますが、梅などは避けたほうがいいでしょう。フルーツ系は外れありませんが、ゆずやみかんなど、日本にしか無いものだといいかもしれませんね。

お菓子はアジア系のホームステイの場合せんべいなど受けがいいです。ラテン系のお宅には柿の種やわさび味の辛いものが好まれます。どんな人種にも一番外れのないのがクッキーです。抹茶味のチョコレートも人気があります。

逆に人気がないのが羊羹や和菓子です。特に羊羹はなんじゃこりゃ?と思われることが多いです。そして味は問題ないのですが見た目で引かれるのが、かりんとうですね。

番街編 こんなの持ってきたの?ちょっと変わったお土産たち

実際にホストファミリーに聞いてみると、意外なお土産を持ってくる留学生もいました。例えば、犬用の着物ですね。これは事前に犬のサイズを聞いて持ってきてくれたらしいです。

その他、日本のコカ・コーラボトル、生徒の故郷の写真と言うのもありました。上記しましたが、ハローキティーの小物などはロサンゼルスにはたくさんありますのでもらってもあまり嬉しくないというホストファミリーがいました。
a2738b25e8935fcfc2a76df9868a60b6_s

また、抹茶のお菓子は大歓迎ですが、抹茶そのものをプレゼントしても用途に困る家庭がほとんどです。抹茶そのものはやめておいたほうがいいでしょう。

まとめ

50軒近くのホームステイから聞いた結果、人気がああるのはキャンディーなどのお菓子類、マグカップ、ティーバッグ、キッチン用品、子供のおもちゃや文房具でした。

緑茶のティーバッグに入ってないものや抹茶は残念ながらゴミ箱行きになる可能性が高く、ハローキティーなど日本のキャラクターで有名なものもこちらではいっぱい巷にあふれています。

お土産はロサンゼルスではそんなに一般的ではありません。無理にお土産を持ってくる必要はありません。ホームステイする前にお土産を渡すよりも、ホームステイ後に心のこもったカードを渡すほうが喜ばれると思います。

とはいえ日本人なのでお土産を持っていく場合、そんなに高価なものではなくキャンディーやお菓子類などちょっとしたものが喜ばれていいでしょう。


語学学校・ビザに関するご相談

日本人が少ない学校に行きたい、会話中心の学校に行きたい、ビザが却下されないためにはどうすればいいんだろう。そんな不安をお持ちな方がたくさんいます。

ブログではお伝えしきれない語学学校の裏情報やさらに詳しいビザ情報を知りたい方はこちらからご相談ください。ロサンゼルス留学情報館のスタッフが対応させていただきます。

「ロサンゼルスLAでホームステイ」, 「ロサンゼルスLAの基本情報」カテゴリの人気記事はこちら

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校ランキング

高校1年生になって、ロサンゼルスへLA留学したい。でも初めての海外で危険な目に合うかもしれないから怖い。親御さんであれば、娘さんや息子さんを留学させたいけど、危ない目に合わないか心配、そんな意見をよく聞きます。

ロサンゼルスに住んで12年、ロサンゼルスのLA留学をサポートして6年になる私が、一般的にロサンゼルスと言われている範囲内で、治安が良い地域をランキングにしました。治安が良い地域に属する語学学校も一緒に載せてあります。

2016-2017 治安が良いロサンゼルスLA留学 優良校 オススメ比較ランキング

管理人 青柳陽輔について

当ブログは、ロサンゼルスに会社を置く、ロサンゼルスインフォという会社の社長である青柳陽輔が書いております。

ロサンゼルスインフォ 代表取締役社長CEO 青柳陽輔(アオヤギ ヨウスケ)
1980年7月21日生まれ

7歳上の韓国系アメリカ人の妻と、2007年に産まれた娘の3人暮らしです。2005年にロサンゼルスに移住後、気づいたら10年以上になりました。

1999年4月 東京農業大学の国際食料情報学部に入学
2000年3月 ブルキナファソにて1ヶ月間のボランティア活動
2002年 大学を休学してザンビアにて1年間のボランティア活動
2004年6月 ロサンゼルスへ観光ビザで出入りしながらオーガニックファームで働く
2006年10月 ロサンゼルスにてカフェテリアの経営開始
2011年10月 ロサンゼルスインフォの代表取締役社長に就任

細かいプロフィールはこちら→http://www.los-info.com/profile03

転校、その他のお問い合わせ・ご相談

ロサンゼルスへでの転校を始め、現地の情報やブログに関してなにかございましたら、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

ピックアップ記事

  1. 2016-07-13_105234a
  2. IMG_2478
  3. mYSI5OYrQuD7P7m1486659371_1486659502
  4. 11IMG_2443
  5. hm-2015-10-05-005

管理人 青柳陽輔

ロサンゼルスインフォ
代表取締役社長 青柳陽輔
1980年7月21日生まれ

学生時代はブルキナファソ、ザンビアとボランティア活動に夢中でした。
2005年に結婚を機にロサンゼルスへ移住し、カフェの経営経験をもとに、現在は留学を通して、日本人のサポートをしています。

詳細プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る