ロサンゼルスLAの基本情報 ロサンゼルスLA留学サポート

ハリウッドでボッタクリにあって無駄にお金を使ってしまった! ロサンゼルスLA留学での失敗談と成功談

投稿日:

ロサンゼルスLAに留学する前にどんなことをすればいいんだろう?留学後に困らないようには何に注意をすればいいの?などロサンゼルスLAに留学するのに心配なことがたくさんあるのではないでしょうか。

そこで毎月第三金曜日に行っている無料のピザパーティーで、留学生の方から渡航前と渡航後のの失敗談、成功談を聞いてまとめてみました。今回は留学4ヶ月目高校卒業してすぐにロサンゼルスへ来たリョウタさんの話です。

留学前にすること

  • ビザ面接の手荷物を最小限にする
  • 航空券を空港職員へ必ず確認する
  • どのようなボッタクリがあるか事前に把握する
  • 英会話ラジオを聞く

42889
リョウタさん

コインロッカーが埋まってる・・・荷物は最小限に! 留学前の注意点

荷物は手で持てる程度にまとめる

ビザの面接の時の荷物置場に困りました。ビザの面接にはスーツケースを持って行ってはいけないというのを知っていたのですが、面接会場の近くにコインロッカーがあるだろうとたかをくくっていました。

ところが、大使館近くのコインロッカーは全て埋まっており、最寄り駅の全てのコインロッカーが、たまたま伊勢志摩サミットと重なったので防犯のため利用禁止となっていたのです。

他の駅まで急いで行ってもそこも封鎖、交番に頼んで面接の時間だけ荷物を預かってもらおうと思ってもダメという状況でした。そうこうしているうちに、大使館でも面接時間も過ぎてしまいました。

どうしようもないので財布と面接に必要な書類だけ別のカバンに入れて、洋服やお土産が入ったスーツケースは近くの自動販売機のそばに置いていくことにしました。

結局、面接の予定時間には遅れたのですがなんとか入れてもらい、無事面接にも受かって、スーツケースも置いてきた場所にそのままあったので良かったですが、本当に大変な思いをしました。

空港の職員に航空券を必ず確認する

チャイナエアラインが一番安かったので、中国で乗り継ぎをしてロサンゼルスまで来ました。航空券に書いてある通りの搭乗口に行きずっと待っていたのですが、なかなか呼ばれませんでした。

搭乗予定時間の10分前になってもまだ何もなく、近くの空港職員へ確認したところ、なんと搭乗口が変更されていました。大急ぎで走ってこれもなんとか間に合ったので良かったですが、空港職員へ確認していなければ乗り遅れていたことでしょう。

航空券に書いてあることが必ずしも正しいわけではないということを身をもって知りました。

20ドルのボッタクリに!渡航後の失敗談

ハリウッドでボッタクリに

ロサンゼルスに来てから始めてハリウッドの観光に行った時です。盗難に会うと聞いていたので用心して財布などをきちんと管理していました。ハリウッドにはハロウィーンさながら、いろいろな仮装をしている人がいたるところにいます。

この人達は自分の仮装した姿を写真に取らせてチップを稼ぐということをしていると聞いたので、周りから眺めるだけで一緒に写真は取らないようにしていました。

用心して歩いていたのですが、とても愛想のいい兄ちゃんが近づいてきて、「こんにちは」と日本語で挨拶して無料でCDをくれると言ったんです。名前を聞かれたので、リョウタと答えるとそのCDに名前を書いてくれました。

いい兄ちゃんだなぁと思い、ありがとうと言ってその場を去ろうとしたら、なんとチップを請求されたのです。じゃぁいらないよとCDを返そうとしたのですが、名前を書いてあるので返せないというようなことを言われてしましました。

来たばっかりで私の英語もうまく伝わらず、その場を去ろうとしたのですが、無理やり$20を支払わされることになりました。この手の人達はよくいるようですが、どうやら日本人はなかなか断れないということを知っていて、特に日本人が狙われているようです。

自分が思うほど、ロサンゼルスでは英語を聞き取れない

最初の数週間はまず相手の言っていることがほとんどわかりませんでした。センター試験では150点前後だったので、そんなに英語ができないというわけではないんです。語学学校やホームステイでは状況をわかってくれるのでゆっくり話してくれます。

でも、それ以外の場所では私が日本から来た外国人だということがわからないので、普通に話しかけられます。スーパーで買物をしてレジの人が話しかけるのですが、もう何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

それ以降、学校の行き帰りにはロサンゼルスと日本の英語ラジオ番組を聞くようにしました。ロサンゼルスで語学学校に行っているからと言って、すぐに英語を聞き取れるようになるわけではありません。日本にいても英語ラジオは聞けるので少しずつ耳を慣らしていくといいと思います。

友達ができればホームシックにならない

英語が聞き取れず喋れなかったということもあり、ホームシックにかかってしまいました。最初は友だちもなかなかできず、学校とホームステイの往復で、家に帰ってくるとホームステイ家族はとても優しく話しかけてくれるのですが、自分の思ったことを返せませんでした。

食事も問題ないし語学学校も授業は楽しいんです。でもなんでホームシックになったかというと友達がいなかったからです。僕はサッカーが好きなのですが、学校の近くの運動場でサッカーを見ている時に学校の友達が声をかけてくれました。

彼は韓国から来ている留学生で、一番最初の授業で僕に話しかけてくれた人でもありました。一番最初の会話は「ビール好きか?」でした。名前を名乗る前にいきなりビール好きかって・・・笑ってしまいました。

その時は顔見知りになるくらいでしたが、運動場で話しかけてくれるのがきっかけで、どんどん仲良くなりハリウッド、サンタモニカ、ベニス・ビーチ、レドンドビーチなど、いつもほとんど一緒に遊ぶようになりました。

それ以降ホームシックにはなっておらず、ロサンゼルスを堪能しています。

42870

好きなことがあれば友だちがすぐできる!渡航後の成功談

  • 好きなことを話しかける
  • ルームシェアはクレイグスリストで

好きなことが友達作りの鍵

語学学校での休み時間にソファーに座って休んでいたら、サッカーという単語が聞こえました。サッカーが大好きで高校卒業してロサンゼルスに来るまでずっとやっていました。

普段であれば、ソファーに座ったまま何もすることはないのですが、サッカーという言葉で、どうしようかすごく悩んだのですが思い切って自分から話しかけてみました。語学学校で自分から話しかけたのはこれが初めてです。

結局、今では話しかけたメンバーとほぼ毎週末サッカーをやるようになりました。

語学学校でソファーにただ座っていても、知らない人が話しかけてくれるということはあまりありません。自分から話しかけることが本当に大事だと学びました。そして、好きなことがあるといつもよりも勇気が出て話しかけられたので、好きなことがあるというのは友達作りで欠かせないと思います。

ルームシェア探しはクレイグスリストで

最初の2ヶ月ははホームステイをしていたのですが、少しでも節約するためにシェアルームをすることにしました。自分で料理を作らなければいけないのと、6人で一部屋をシェアするのでプライバシーはあまりありませんが、一月に400ドルなのでかなり節約はできます。

ロサンゼルスインフォに手伝ってもらいながら、クレイグスリストCraigslistというサイトを使ってシェアルーム探しをしました。ホームステイ退去の2週間前ほどから探し始めたのですが、4,5軒ほど見て回ってやっと見つけました。

10軒以上連絡をとったのですが、そのうちの半分は留学生で収入がないということで部屋を見ることすらできませんでした。今住んでいるところは、収入がなくても残高証明を見せ、保証金を入れれば大丈夫なところです。

シェアルームで周りはアメリカ人の学生ばかりなので、英語を使う機会が多く、語学学校では学べないようなスラングも覚えられるのでとても気に入っています。

自分一人では探すのは大変だと思いますが、クレイグスリストを使って探すと、アメリカ人と一緒にシェアできる確立が高いので、語学学校でアメリカ人と友達になれないと言っている人はためしてみるといいと思います。

また、契約書が5枚以上あり当然ですが全て英語でした。これはロサンゼルスインフォに手伝ってもらい助かりました。一番気をつけなければいけないのは30日以上前に文面でシェアルームを出ることを伝えなければいけないということです。

この文面でシェアルームを出ることを伝えないと、保証金が返ってきません。大きな金額だと思いますので、忘れ内容に必ず提出するようにした方がいいです。

まとめ

リョウタさんによるロサンゼルス留学における失敗談と成功談でした。

ビザ面接の時は荷物を最小限にすること、航空券は必ず空港職員へ確認すること、事前にどのようなボッタクリがあるか調べること、英会話ラジオを聞くこと、好きなことで友達をつくること、ルームシェアをするならクレイグスリストを使うことです。

ロサンゼルス留学の前に、留学の先輩が困ったことを把握しておけば失敗が少なくなります。また、成功談を知っておけばそれを真似すれば同じように成功するでしょう。

yosuke

ロサンゼルス滞在歴13年で、ロサンゼルス留学情報館の経営者。ほぼ毎週学校を周っています。 小学生の娘を20以上のサマーキャンプ、ウィンターキャンプに送っているので、お子さんにピッタリのキャンプ選びをお手伝いできます。 また娘は公立、私立、日本語補習校と3つの学校の経験もあるので、親の視点から見たベストの学校選びをお手伝いします。

-ロサンゼルスLAの基本情報, ロサンゼルスLA留学サポート

Copyright© ロサンゼルス留学情報館 , 2017 AllRights Reserved.